フリーターコラム

就職エージェントはマインドコントロールされるって本当?対策は?

特に就活が不利なフリーターは就職エージェントを使えって言われるけど、悪質なエージェントは巧みなトークでマインドコントロールされるってきいたから怖い・・・。と悩んでいたりしませんか?

「就職エージェントに行けばマインドコントロールされる」

これは、残念ながら、本当にある話なんです。

もちろん一部の就職エージェントの話ですが、一部か・・・と油断しているときに限って、そういうサービスに引っかかってしまったりするものです。

というわけで今回は、そんな悪質なエージェントの罠にはまらないように、マインドコントロールの巧妙な手口と、引っかからないための対策、健全なエージェントの見極め方をお伝えします!

そもそもなぜマインドコントロールなんてするの?

なぜ??

マインドコントロールをするのは、就職エージェントのビジネスモデルが大きな要因なのです。

就職エージェントは、求職者からはお金をもらいません。

その代わりに、企業からお金をもらうというモデルです。

こんな感じ。

1:就職エージェントがあなたに企業を紹介

2:あなたがエージェント経由で企業に入社決定

3:企業が成功報酬としてエージェントにお金を払う

だから、要するに、決まらなければお金にならないんですね。

だから、モラルの低い就職エージェントであれば、無理やりでも企業に入社して欲しいなんて思うわけです。

さて、ではマインドコントロールの巧妙な手口についてお伝えしましょう。

就職エージェントのマインドコントロールの手口とは

マインドコントロール

まず、マインドコントロールは、就活弱者に対してよく行われます。

就活弱者の中にはフリーターも含まれます。

当然就活弱者は、就活が不利な立場にあったり、苦手だったりするので、コンプレックスを抱えています。

その就活弱者が持つコンプレックスこそが、悪質エージェントに狙われる対象です。

 

「あなたは、そんな人生を歩んでいていいのか」

「親も心配している」

「あなたは、そのスキルじゃどこも行き先がない」

「この企業に合格しなければ、正社員の道はあきらめたほうがいい」

 

などと不安を煽られ続け、コンプレックスが刺激され続けるわけです。

そして紹介されるのは、「誰でも合格しやすい会社」。だいたいが、待遇の悪い不人気企業ですね。

 

ただ、就活のプロを名乗る人に、コンプレックスを刺激され続ける事で、次第にこう思うようになります。

 

「自分なんてダメだから、きつそうだけどこの企業で我慢しなきゃ・・・。」

 

そうやって、とんでもないブラック企業に無理やり強要されるパターンが多いのです。

こんなやり方で、自分が納得する人生を歩めるわけがありません。

入りたくもない会社に入って、長い時間労働するくらいなら、私はフリーターをやってるほうがまだマシな気がします。

それくらい自分が働く会社は大事なのです。自分の人生の一部になるわけですからね。

だからこそ、良いエージェントと出会い、良い就活をするべきです。

 

ではどうすれば、良いエージェントを見極める事ができるのでしょうか?

 

良質な就職エージェントの見極め方

エージェントの見極め方

良質な就職エージェントの見極め方ですが、主に2つあります。

1:有名企業が運営していたり、国からのお墨付きをもらっていること

2:カウンセラーが強制するかしないか。

一つ一つ見ていきましょう。

1:有名企業が運営していたり、国からのお墨付きをもらっていること

まず最も簡単な見極め方は、運営母体の信頼度や、国から認定されてるかどうかを見極める事

有名な企業が運営していれば、コンプライアンスがしっかりとしているため、基本的にそんなにおかしいサービスが提供されることはありません。

このご時世モラルの低いサービスを提供したらすぐに広まりますから、特に有名な大手企業は徹底してサービスのクオリティーに注意を払っています

また、厚生労働省からの認定などをもらっているサービスは、非常に厳しい基準をクリアしているため、問題なく利用できます。

認定をもらっている場合は、下記のように、ホームページなどに必ず掲載していますから、しっかりチェックするようにしましょう。

ジェイックの認定表記

有名企業か、認定をもらっているか、どちらかの条件が満たされれば問題ありません

ただし、社会経験がないと、有名企業がどこなのか、判断がつかない場合もありますよね。

そんな時は、もう一つの判断軸があります。

2:カウンセラーが強制するかしないか

就職エージェントを利用すると、キャリアカウンセラーのような人が担当についてあなたの就職をサポートしていく事になります。

このキャリアカウンセラーの対応で、悪質のエージェントを見極める事が可能です。

キャリアカウンセラーは基本的に、コーチングが基本です。

つまり、あなたに何も強制しない。あなたが気づきを得て、決断をする手伝いはしますが、一切何かを進めてきたり、何かを決めつけたりはしないのです。

それに、お客様であるあなたの事を悪く言ったりもしません

ですから、「何か強要されたぞ・・・・」とか「悪口っぽい事を言われた・・・」とか、そのようなことを感じたのであれば、基本的には悪質なエージェントと考えて問題ありません。

で、結局オススメのエージェントは?

おすすめのエージェント

悪質なエージェントの手口や対策はご理解いただけたでしょうか?

本当に一度出くわすと、非常に連絡がしつこかったり、そのくせ面談に行くとめちゃくちゃに言われたり、非常に不愉快な思いが待っているので、気をつけてください。

でも、就職エージェントがなければ、就職が難しいのも事実。

じゃぁ結局どこのエージェントがオススメ?って話もあるかと思います。

私はいろんな情報をあちらこちらと調べて、「有名なサービスである。」「国のお墨付きをもらっている。」などの条件を満たしたおすすめのフリーター専門の就職エージェントをまとめています。

基本的に、紹介しているサービスであればどこでも問題ないと思うので、あとは条件だったり、サービス内容、立地などで選んでいくと良いと思います。

是非ご参照ください!

▼フリーターに強い就職サイト・就職エージェント

1:ハタラクティブ →フリーター・第二新卒に特化した就職エージェント。特化しているからこそ、正社員成功率80%超の実績があります。エージェント選びなら迷わずここ!

2:ジェイック(JAIC)ビジネストレーニングが付いている就職エージェント。厚生労働省からのお墨付き。初めて就活する&今の能力に自信がないという方にはおすすめ!

3:リクナビNEXT →人気ナンバー1の就職サイト。「フリーターから正社員を目指す」という軸で企業を検索できるため、フリーターが最も活用しやすいサイトです。就職を意識したタイミングで登録しましょう。

高学歴無職に強い就職サイト・就職エージェント3選【正社員目指す】

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

-フリーターコラム

Copyright© りすたーと , 2020 All Rights Reserved.