フリーターコラム

アラフォーフリーターの正社員就職は無理ゲー?【実態に迫ります】

アラフォーフリーターはもう正社員就職することは不可能なのかなぁ・・・。

アラフォーフリーターにもなると、人生はもう詰んでしまってるのかなぁ・・・。

当記事では、上記の疑問にお答えします。

最近は中年フリーターが増えていると言われていますね。

昔は若年層の無職が大半を占めておりましたが、30代、40代以上の無職フリーターの割合が年々高まってきているのです。

ただ、無職フリーターの場合、正社員就職して、サラリーマンとしての方向転換が効くのはおおよそ30歳までと言われています。

フリーター・ニートは何歳まで正社員就職が可能?【学歴の影響は?】 当記事では上記のような疑問に答えます。 フリーターやニートが就活するために、年齢は重要な要素。 正社員になり...

仮に全く社会を経験したことがないフリーターだとしても、今は労働人員確保の動きが強まっていますし、20代フリーターのための就職エージェントは充実しているので、なんとかなるのです。

 

しかし、年齢がアラフォーともなれば、事情も異なってきます。

 

当記事では、数人のアラフォーフリーターに話を聞いた話をもとに、その実態に迫っていきます。

アラフォーフリーターの正社員就職は絶望的か?

疑問

アラフォーフリータの就職事情はいったいどうなのでしょうか。

一部の就職エージェントは相手にしてくれない

実際に数人私の知人に話を聞いたところ、就職エージェントは、相手にしてくれないケースもあるとのこと。

実際に就職エージェントに問い合わせても、「紹介可能な企業がみつかれば、連絡します」とだけ告げられて音信不通になることも多いんだとか。

管理人の私は、実際就職エージェント事業も行っている企業で働いていますから、事情はなんとなくわかります。

正直、アラフォーフリーターの方は、就職が決まりにくいんです。

就職エージェントは求職者が、入社することで成功報酬をもらうビジネスモデルなので、「入社が決まりにくい=エージェントの収益になりにくい」ってことになります。

なので、アラフォーフリーターはできれば力をかけたくない対象になってしまうのです。

通常だと面談を設定するところ、電話での簡単なヒアリングで済ましたりとか、そんなのは利益を追求する営利企業としては、当たり前のことなのです。

ですから、もし申し込むとしたら案件が豊富にある有名な就職エージェントがすおすすめです。

就職サイトを使っても企業に会えない

就職サイトをつかって、自ら企業を探して、求人に応募するという手段もうまくいきにくいようです。

でも、数十社応募しても、申し込みの段階ではねられてしまい、面接すらセッティングされないケースも多いとか。

スカウトメールがたまに来たとしても、こちらが反応すると、相手にされないとのこと。

企業側がほとんどプロフィール読まずに適当にスカウトメールを打ってると、こういうことになります。

スカウトしてきたくせに、サクッと切られるっていう・・・。

失礼な話ですけどねぇ・・・。

ですから、もし使うとしたら、掲載社数が多い有名就職サイトがおすすめ。マッチングする確率を少しでも広げるのが賢明です。

とにかく、社会未経験であること、年齢が中年であることで、かなり就職は不利になってしまうようです。

アラフォーフリーターが正社員就職する手段はある?

ポイントです

アラフォーのフリーターは相当就職が厳しいようですが、方法がないわけでもありません。

就職エージェントを頼る【最もおすすめです】

やはり就職エージェントが一番おすすめです。基本的にどこもかしこも20代が中心のサービスですが、限定していなければ挽回のチャンスはあります。

もしお願いするなら、有名どころがいいでしょう。案件をたくさん持っているので、アラフォーフリーターを受け入れてくれる企業と出会える確率が高まります。

就職サイトも会員登録するなら同じ理由で人気ナンバーワンのリクナビNEXTの1択です。

下記に30代フリーターの就活のための心構えや方法を書いているので、ぜひ読んでください。アラフォーフリーターもあらかた同じような考え方で就活すればオッケーです。

30代フリーターでも正社員就職は可能?【心構えとやり方次第です】 30代フリーターだけど、ここから正社員になることはできるのだろうか? 正社員に就職できるとしたらどんな方法があるのであろう...

▼フリーターに強い有名就職サイト・有名就職エージェント

【就職エージェント】ハタラクティブ →フリーター・第二新卒に特化した就職エージェント。特化しているからこそ、正社員成功率80%越えの実績があります。エージェント選びなら迷わずここ!

【就職エージェント】就職Shop→人材最大手のリクルート社が運営しているエージェントサービス。エリアも幅広く、求人数も多いのが特徴です。

【就職サイト】:リクナビNEXT →人気ナンバー1の就職サイト。「フリーターから正社員を目指す」という軸で企業を検索できるため、フリーターが最も活用しやすいサイトです。就職を意識したタイミングで登録しましょう。

ハローワークに頼る

ハローワークを頼ると、話は聞いてもらえたという人もちらほら。

実際にそれで就職を決めた人もいました。

ハローワークは、国の事業です。つまり、営利事業ではありません。

世の中にある就職支援エージェントサービスは、求職者からお金をもらわない代わりに、一人入社を決めるたびに、入社先からお金をもらうというビジネスモデルで収益を生んでいます。

だから、お金になりにくいアラフォーフリーターは効率が悪いために相手にされにくい。

でもハローワークは国の事業ですから、成果に関わらず、税金で収入は賄われています。

ハローワークのミッションは、日本の就職率を高めること。

それでも、就職自体は難しいでしょうけれど、話は聞いてくれるはずです。(担当にもよりますが・・・。)

タイミングによっては、年齢とかスキルはなんでもいいから採用したい!っていう企業のニーズが拾えているかもしれませんよ。

高学歴な既卒者はハローワークを使うな【デメリット多すぎ】 当記事では上記のお悩みにお答えします。 ハローワークは、各都道府県に複数存在していて、比較的あなたが住んでいる家か...

知人を頼るという手段

もしあなたが、一番条件の良い仕事につけるとすれば、知人を頼るという方法でしょう。

私が話を聞くことができた元アラフォーフリーターで今サラリーマンとして働いている方の過半数は、知人が経営している企業に入社されていました。

運よく、そんなコネクションがある場合は、もう手段なんて選んでいられませんから、積極的に頼っていくことがいいのかもしれませんね。

就職以外でアラフォーフリーターがアルバイト生活を脱する方法

教えてあげる

無職のまま、アラフォーになると、就職がどうしても難しくなってしまうということで、就職以外の選択を取られている人も多くいました。

手に職をつけて個人事業で働く

私が話を聞けた元アラフォーフリーターの中でも、手に職をつけて個人事業で働いている人は比較的多かったですね。

コピーライティング、コーディング、プログラミング、デザインなどを学んで、個人の仕事を受けて稼いでいらっしゃいました。

実際にそれらのスキルは専門学校に行けば学べますし、やろうと思えば独学でも学べます。

最近はWEBサービスやブログや情報サイトを個人で運営する人も増えているので、高額になりがちな企業には発注できなくても、個人事業者に安価で発注したいというニーズは増えています。

ココナラとかクラウドワークスとか、個人事業主の仕事を受けられる場はたくさんありますから、最初は自分一人で練習して、手に職をつければ、稼げる時代になったということですね。

アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトは、成功すれば月に数十万でも数百万でも不労収入が得られるビジネスです。

成功する確率は、もちろん高いわけではないですが、アルバイトで生活をつなぎつつ、サイトをいそいそと製作しているうちに、コツをつかんで成功したという人もいますね。

確かに、アフィリエイトで成功して不労収入が得られるのであれば、収益も安定して、自由時間も確保できますから、挑戦する価値はあるかもしれませんね。

以前に、フリーターの方がアフィリエイトで稼ぐためのオススメのブログテーマを紹介しているので興味ある方は是非こちらの記事もご覧ください。

フリーターがアフィリエイトで稼ぎたいならおすすめテーマはこれだ! ブログアフィリエイトでお金が稼げたら不労収入が手に入って、将来への不安もなくなるのに・・・。 フリーターの自分にアフィリエ...

資格をとって独占業務で稼ぐ

サラリーマンとしての就職が難しく、スキルもない・・・。

そんな人は資格を取るのも一つの手段かもしれません。

公認会計士、税理士、社労士などについては、社会人になってからでも取ろうと思えば取れますし、資格を持っていないとできない独占業務があるので、うまく活用すれば稼ぐこともできるでしょう。

資格を活かして仕事をすればいずれ企業の人からも「先生」と呼ばれるようになって、気分もいいことでしょう。

ただし、独占業務があって、ちゃんと稼げる資格は、すべて難易度がとても高い!

税理士なんて5000時間以上勉強しないと取れない資格です。

比較的必要な勉強時間が少ない社労士でも、1500時間は必要なんじゃないでしょうか。

税理士と比べればマシだっていう程度。あくまでも超難関資格ですよ。

試験によっては合格率が2%台のこともありますから。

それに、試験をクリアした後、実務経験を積まなければいけない資格については、結局合格後に就活しなければなりません。

そうなると、当然、若い人の方が有利なわけで。

アラフォーだと、知人の企業などに、低賃金でもいいからと、頼みこんで、実務を積ませてもらうということになりかねません。

なので、それらを覚悟しても、資格で人生大逆転してやろう!という気持ちがある方は検討してもいいかもしれませんね。

アラフォーフリーターでも、人生は詰んではいない!

大丈夫!

今回は、アラフォーのフリーターの就職事情の実態について解説してきましたが、想像通り、就職事情は厳しいの一言。

そんな現実は、甘くありません。

ですが、就職もやり方とスタンス次第。

知人に頼れる方は知人を頼り、それ以外の方はまず就職エージェントがおすすめ。

ただし、そこでも相手にされないのであればハローワークを頼り、企業を選ばずタイミングが合えば、就職できる可能性は十分にあります。

あるいは、しっかりと独学でもいいので、社会に求められるスキルを身につければ、個人でも稼ぎやすくなってる時代ですから、きっと仕事は得られるはずです。

文章が書けるだけでライティングのバイトがあるくらいですからね。

というわけで、アラフォーフリーターだからといって人生が詰んだわけではありません!

絶望する必要はありませんよ!

ただ、出遅れていることだけは間違いありませんので、ここから挽回するつもりでどんどん行動を起こしていきましょう。

30代フリーターでも正社員就職は可能?【心構えとやり方次第です】 30代フリーターだけど、ここから正社員になることはできるのだろうか? 正社員に就職できるとしたらどんな方法があるのであろう...

▼フリーターに強い有名就職サイト・有名就職エージェント

【就職エージェント】ハタラクティブ →フリーター・第二新卒に特化した就職エージェント。特化しているからこそ、正社員成功率80%越えの実績があります。エージェント選びなら迷わずここ!

【就職エージェント】就職Shop→人材最大手のリクルート社が運営しているエージェントサービス。エリアも幅広く、求人数も多いのが特徴です。

【就職サイト】:リクナビNEXT →人気ナンバー1の就職サイト。「フリーターから正社員を目指す」という軸で企業を検索できるため、フリーターが最も活用しやすいサイトです。就職を意識したタイミングで登録しましょう。

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

高学歴既卒者・フリーター・ニートにおすすめの就職サービス3選

1:ハタラクティブ→フリーター・第二新卒に特化した就職エージェント。特化しているからこそ、正社員成功率80%超の実績があります。エージェント選びなら迷わずここ!(評判・口コミ・レビューはこちら!

2:ジェイック→ビジネストレーニングが付いている就職エージェント。厚生労働省からのお墨付き。初めて就活する&今の能力に自信がないという方にはおすすめ!(評判・口コミ・レビューはこちら!

3:リクナビNEXT→人気ナンバー1の就職サイト。「フリーターから正社員を目指す」という軸で企業を検索できるため、フリーターが最も活用しやすいサイトです。就職を意識したタイミングで登録しましょう。