フリーターから年収1000万プレイヤーになった正社員就職体験談

ジッキー
既卒・フリーターから正社員就職を果たしたジッキーのサイトへようこそ。

このサイトでは僕と同じように、フリーターで将来のキャリアに悩んでいるあなたに向けて、僕の体験をもとに解決策をお伝えします!

フリーターから既卒就活した管理人のプロフィール

執筆者はこんな人

  • 執筆者は元・フリーター(3年間)
  • フリーターから正社員就職成功
  • 本業と副業で年収1000万超え
  • フリーター時の年収の5倍以上
  • 持ち家あり&二児のパパ
  • 人材業界に10年。就活事情に精通

就活で心が折れました

学生時代、比較的優等生で、自信に満ち溢れていた僕は、就活もサクッと決まるはずだと思っていました。

ただ、最初に受けた商社にて、一次選考で脱落。その後数社大手企業を受けるも、一次選考で落ちて、面接にすらたどり着けませんでした。

打たれ弱かった僕は、格やこれまでの人生を否定されたように感じ、これまで持っていた自信が完全に崩壊。

ぽきっと心が折れ、就活をやめてしまいました。

3年後、再度就活を決意しました

フリーターだったときは、漠然とした将来への不安感がありました。

だって収益源はアルバイトですから、働くことを途切らせればお金がなくなってしまうのです。

完全に恐怖でした・・・。

それに何より、大学の同級生たちとの経済格差が年々エグくなってきて、絶望していました。

その時の不安は以下のようなものです。

  • 就活しても合格する自信がない。
  • また不合格になって傷つきたくない。
  • 入社できても年下の先輩がいるのが嫌だ。
  • 社会人としてやっていける自信もない。
  • 正社員就職は怖い。
  • でもこのまま無職だと絶望しか見えない。

こんな感じで、いっそのこと起業してやろうかとも思いましたが、当然スキルがないのでそれも不安です。

こんな感じで、3年間悩み続けまして・・。

でもいよいよアラサーの年齢になった時に、気づいたのです。

 

「どうやら、30を超えると正社員就職の難易度がぐっとあがって、選択肢がなくなってしまいそうだ。。。」

 

もう悩んでる時間はなさそうでした。そして、若ければ若いほど正社員就職は有利であることは確実でした。

 

「今動かなければ、人生の選択肢がとても狭くなってしまう・・・」

 

それが一番嫌だった僕は、一旦、とりあえず・・・・的な感覚で、僕は再度、正社員就職する道を選びました。

正社員就職、正解でした。

正直、今から考えると、この時の判断は大正解でした。

今は非常に快適なビジネスライフが送れています。

会社では部長職に就き、部下をもっています。

副業も合わせて年収も1000万を超えることができ、お金に困ることはまずありません。

家も買って、結婚もして子供も育てています。

まぁとはいえ、こんな世の中なので、将来への不安はゼロではないですが、フリーター当時の不安と比べたら微々たるものです。

 

僕は、正社員になって本当に良かったと思います。

そして、そう思うからこそ、この体験をみなさんにも届けたい!

 

そんな気持ちで、ブログを立ち上げました。

まずは僕がフリーターをやめたいと思った理由から、転職成功までの道のりをお伝えします。

僕が無職フリーターをやめたいと思った4つの理由

ジッキー凹み中

僕がフリーターをやめたいと思った理由は以下の通りです。

  • 時給が上がらず、友人との格差がえぐすぎた
  • 働きながら稼げるスキルを身につけたかった
  • 親が悲しそうだった
  • 全くモテなくなった

この辺りがぶっちゃけ僕の本音の部分ですね。

時給が上がらず、友人との格差がえぐすぎた

倒れそうになる程シフトに入れば、月に30万くらい稼げたのですが、人間の生活ができません。

借金も膨れましたし、返すお金もなく、お金の不自由さがほんと辛かった

友人との格差も広がって、コンプレックスもどんどん大きくなっていきました。

社会人2年目で年収600万くらいの友人もいました。一方僕はアルバイト、1年頑張って時給は20円とかしか上がりませんでした。

ジッキー
もう考えるのも嫌でしたね。

働きながら稼げるスキルを身につけたかった

アルバイトばかりの生活だと、稼げるスキルが育たないんですよ。

アルバイトは基本的に雑用ですからね。

いくら頑張っても手に入るのは「雑用を効率的にこなすスキル」くらいのものです。

親が悲しそうだった

フリーター1年目の時は、親も少し不安な程度でしたが、3年もフリーターをやっていると、だんだんすごく悲しそうな顔をするようになって。

「すごくお金と時間をかけてもらって育ったのに、こうなっちゃってごめん・・・」って思ったのも、僕がフリーターをやめたいと思った大きなきっかけですね。

全くモテなくなった

これも地獄でした。男たるものモテたい!でも、マーーーーーーーッタクダメでした。

大学時代はモテたこともありましたが、フリーターになってから絶望的にモテなくなりました。

 

こんな感じで、彼女もできずに、アルバイトして、買いたいものを我慢して借金して、パチンコに行っている自分を客観的に見て、「マジヤベェな・・・」と思い、自分に嫌気がさしたんです。

そうして、僕は、ようやく就活することにしました。

ちなみに大卒でフリーターになった僕がどんな状況だったのか、詳細は下記にまとまっています。

ジッキー
そりゃ辞めたくなるわ・・・!と共感いただけると思います。
次に読みたい
大学を卒業してそのままフリーターになった男の末路【僕の体験談】

フリーターをやめたいと思ってから正社員就職に成功するまでの道のり

頑張るぞ!

とりあえず僕は、脱フリーターのための情報収集をしました。

真っ先に目に入ってきたのは、「30歳を超えると無理ゲーになる」という情報。(実際は不可能ではないようですが)

ジッキー
当時の僕はアラサーの年齢だったので、焦りました・・・。

そして、すぐに行動を始めたのです。

とりあえず、新卒の方が正社員就職しやすいという情報があったので、新卒の就活生に混ざって就活をすることにしました。

その晩のうちに、新卒のリクナビ・マイナビに登録して就活を始めました

既卒フリーターの僕が新卒と混ざって就活は無理ゲーだった

結論から言うと、

新卒と混ざって就活するのは正直無理ゲーでした。

僕が面接官でも、僕より若くて元気な新卒を採用するだろうな。。。と思うほどに、若さに差を感じました。

それに、就活生にはたくさんの就活友達がいて、情報交換をしたり、面接とかグループディスカッションの練習をしてきます。

フリーターの僕は、就活友達もいませんし、就活の情報交換なんて全然できません。

勝てるわけない・・・。

と思いました。

ジッキー
案の定、何社受けても一次選考すら受かりませんでした。

転職サイトを利用したが求人のハードルが高すぎ

新卒と一緒に就活は無理ゲーだったので、その後、社会人向けの転職サイトを利用してみました。

しかし、結果として、もっとしょっぱい結果に。

なんと、「書類選考」すら受からなくなりました。

つまり面接にさえたどり着けなかったのです。(-.-;)y-~~~

ジッキー
そもそも転職サイトには、即戦力を期待されているので、新卒として就活するよりも無理ゲーだったのです。

就職エージェントを利用して2週間で内定ゲット

そこで、僕は最終兵器として、就職エージェントを利用することにしました。目的は3つ。

  • 就活の情報を誰かから得たい。
  • 就活スキルを補ってほしい。
  • フリーターを受け入れる企業があるのか知りたい。

「フリーターに強い就職エージェント」で検索して、もう今はありませんが、とあるエージェントを見つけました。

そして、カウンセラーの人は、僕の状況をしっかりとヒアリングしてくれた上で、「フリーターの僕と会ってみてもいい企業」を探してくれました。

すると、結局7社のオファーをもらったのです。

あとは、就活マナーなどの基礎知識などにも不安があったのですが、その辺りも丁寧に教えてくれましたし、面接対策も手伝ってくれました。

僕は、自分が興味のある企業から順番に受けていくだけで、2週間後には3社から内定をもらっていました。

お金は無料。1円も払わずに、人生を変えることができたのです。

で、僕は自分みたいな人を救いたいと思って、今働いている人材系の企業に入ることを決めたのです。

就職できてわかった既卒からの正社員就職成功3か条

就職できてわかった既卒からの正社員就職成功3か条

こんな感じで、とても苦労はしましたが、僕はなんとかフリーターから正社員就職に成功できたわけです。

そのアルバイトからフリーターへの転職には大きく3つのポイントがあったと思います。

  1. フリーターに強い就職エージェントを利用すべし
  2. 面接では正社員になりたい感じではなく、受ける会社に入りたい感を出すべし
  3. 寝る前に今すぐ行動すべし

大事なので、ちょっと細かく解説します。

1:フリーターに強い就職エージェントを利用すべし

まず、内定を取るために、就職エージェントを利用して、就活のプロを味方につけましょう。

でなければ、就活の情報もないし、やり方もわからないし、面接のブラッシュアップもできないし、フリーターOKの企業を探すのも大変ってことになっちゃいます。

また、選ぶべきは普通の就職エージェントではなく、「フリーターに強い」就職エージェントです。

するとフリーターを受け入れる前提の企業を紹介してもらえるし、フリーターが正社員就職するためのアドバイスがもらえるので、面接合格率がグッと高まります。

2:面接では正社員になりたい感じではなく、受ける会社に入りたい感を出すべし

結構フリーターがやりがちな失敗が「正社員になりたい」と言う気持ちが前に出過ぎて、企業にひかれるパターンです。

企業は、正社員になりたい人ではなく「自分たちの会社に入りたい」と考える人を採用したいと考えます。

要するに面接では、「御社で働きたい」と伝える必要があり、そのための対策が必要となります。

3:寝る前に今すぐ行動すべし

あなたは、今きっと悩まれているからこそ、この記事を読んでいるのではないでしょうか。

もしそうだとしたら、僕がそうしたように、今仮にベッドの中にいたとしても、すぐに動いて、就職エージェントに申し込むべきです。

今動かなければ、またズルズルと後ろ倒しになってしまうでしょう。

ジッキー
一回でも寝たらもう気持ちは冷めちゃいますからね。

また、フリーターは若ければ若いほど、就職成功率が高まります。

つまり、あなたにとって、これを読んでいる今が一番就職成功率が高いってことになります。

人生を変えたければ、後から動くことにメリットなんてないのです。

どの就職エージェントも、1分程度で申し込みは完了しますし、無料なのでリスクはありません

申し込みが完了すると、本人確認の電話がかかってきて、面談日が設定されますから、あとはエージェントがあなたの就活のペースを作ってくれます。

その波に乗っているうちに、1ヶ月程度もすれば内定をゲットできる可能性もあります。

大事なのでもう一度言いますね。

本当にこの記事を読んだ後、すぐに行動することをオススメしますよ。

フリーターが正社員になるためにオススメな就職エージェント3選

世の中には14000以上のエージェントサービスがありますが、フリーターに強いエージェントはわずか。

フリーターを受け入れる企業だけを集め、フリーターを正社員就職させるためのノウハウが強いエージェントとしてオススメなのは以下の3つです。

ジッキー
選定基準は「フリーターに強い」「有名で実績がある」「運営企業が大手」あたりです。

この中であれば、どれを選んでも「ハズレ」を引くことはありませんよ。業界でも非常に有名で安心なサービスです。

というわけで、この記事を読み終えたら、とにかくまずは行動ですよ!

頑張ってください!

次に読みたい
フリーターに強い就職サイト・就職エージェント5選【プロがおすすめ】

Copyright© りすたーと , 2021 All Rights Reserved.