おすすめ就職サイト

フリーターの就職活動でIndeedを使うのはアリ?特徴や使い方を解説!

Indeedって何?フリーターが就活する時にも使えるの?

当記事では、上記のようなお悩みにお答えします。

「仕事探しはIndeed♪バイト探しはIndeed♪」のCMでおなじみのIndeed。

ほんと、ここ1年くらいでIndeedは日本で一気に広がりました。

Indeedのユーザーはインスタグラムのユーザー数超えてますから、その数が半端じゃないことはお分かりいただけるかと思います。

さて今回は、Indeedってそもそも何で、どんな機能があって、フリーターとしてはどんな使い方をするのが望ましいのか、徹底解説していきたいと思います。

Indeedってなに?フリーターも就活に使える?

まず、Indeedは転職サイトとおもっている方は、実は間違いなのです!

Indeedは検索エンジンです。つまりグーグルとほぼ同じ立ち位置です。ただ求人情報に特化した検索エンジンなのです。

世の中の求人情報をひたすらにかき集めるっていうイメージですね。

ですから、リクナビNEXTやDODAやマイナビ転職などの転職サイト内の求人情報も、ハローワークの求人情報も、企業が独自に持っている求人情報も、とにかくWEB上に存在するあらゆる求人情報を検索できるのがIndeedなのです。

ちなみに、グーグルの検索結果にIndeedが出てくることもありますが、あれは、Indeedの検索結果画面が、グーグルの検索に引っかかってるってだけなのです。

ですから、フリーターに限らず、どんな仕事探しでもIndeedを利用することはできます。

Indeedってどんな特徴があるの?

Indeedの特徴について

特徴1:求人が網羅されていて、非常に多い

Indeedの特徴は、世の中のありとあらゆる求人情報をひっぱってくることができます。リクナビやマイナビという有名な転職サイトでなくても、ニッチな転職サイトなどからも求人情報を引っ張ってきます。

とにかくありとあらゆる媒体の求人情報を引っ張ってくることから、求人が網羅されている分、探せる求人数がものすごく多いのが特徴です。

特徴2:特定エリアの求人情報を探しやすい

Indeedの最大特徴は2つの検索窓。

片方に勤務地を入力して、片方に希望する職種(営業職など)や希望条件(完全週休2日など)のキーワードを入れることで、その条件に見合った企業が検索されます。

エリアについては、都道府県レベルよりももっと細かく、市町村や駅名のレベルで検索することができるため、とにかく地元の企業を検索しやすいのが特徴です。

自分の家の付近で働きたい!と考える方にとっては非常に便利なツールです。

特徴3:年収や雇用形態の条件設定もできる

検索結果から、さらに推定年収や雇用形態で絞り込むことができます

転職サイトまではいきませんが、こだわりの条件で企業を検索できる機能はありがたいですよね!

正社員就職を目指している方は、雇用形態で正社員を選択すると良いでしょう!

特徴4:AIがあなたに最適な検索結果を出してくれる

Indeedのさらにすごいところは、AIがあなたに最適な検索結果を出してくれるところ。

中の仕組みがどうなっているかわかりませんが、あなたの興味関心に合わせて検索結果を出してくれるようになっているので、企業探しの効率もあがります。

フリーターにオススメしたいIndeedの使い方

Indeedの使い方

オススメの企業検索の方法

Indeedはアルバイトもパートも契約社員も、正社員も、ありとあらゆる求人を引っ張ってくるものですから、検索の設定が非常に重要になります。

そこで、フリーターが正社員就職するにあたって、オススメの企業選択の方法は、企業検索のキーワードに「フリーター歓迎」と入力、エリアは希望するエリアを具体的に駅名などを入力。そして、雇用形態で「正社員」を選んで検索すると、フリーターを歓迎してくれている企業の検索ができますよ!

【オススメの企業検索の方法】

キーワード「フリーター歓迎」 エリアは希望するエリアを指定 雇用形態は「正社員」を選択

Indeed単独での就活はNG!就職エージェントやハローワークと掛け合わせて!

フリーターの就活は不利と言われています。

もちろん「社会人経験がないこと」や「新卒ではないこと」がネックになったりもしますが、何よりも「就職活動に関する情報が少ないこと」がネックになりやすいのです。

例えば、自己分析、自己PRの作り方、企業の情報、面接対策など、新卒は就職課や就活友達がたくさんいて情報交換しながら就活しますが、フリーターだとこれ全部一人でやらなければなりません。

それに対し、Indeedは求人の検索機能でしかありません。自己分析も面接対策も手伝ってくれないのです。

情報が少なくて不利になりやすいフリーターが就職成功率を高めるためには、やはり就活のアドバイザーの支援が必要です。

ですから、フリーターのIndeedの使い方としては、まず「就職エージェント」か「ハローワーク」の就職支援を受け、就活の経験を重ねながらIndeedを使って企業検索するという流れがオススメです。

「就職エージェント」も「ハローワーク」も、就活アドバイザーが、企業探し以外の面でも、あなたの就活をサポートしてくれます。とくに民間企業が行っている「就職エージェント」は、サポートが充実しています。

【就職エージェントで受けられるサポート例】

・就活講座やビジネス研修を受けられる

・自己分析など面接準備をサポート

・あなたの要望に合うフリーター歓迎の企業を探してくれる

・企業に対してあなたを推薦してくれる

・面接対策を個別でフォローしてくれる

就職エージェントでは、上記のサービスを無料で受けることができます

サポートの充実度から考えると、公共事業の「ハローワーク」よりも、民間事業の「就職エージェント」の方がオススメです。

フリーターの就活は就職エージェントを使うのが効率的でラクです フリーターから正社員になりたいけど、企業選びも、履歴書作りも、面接対策も自分一人でできるか不安。 当記事では、このよう...

ただ、就職エージェントは、使えるエリアが限られていますので、もし使えるのであれば「就職エージェント」を。エリア的に難しいのであれば「ハローワーク」を利用しましょう。

就職エージェントorハローワークと掛け合わせでIndeedを使うと効率的

Indeedはうまく使うとフリーターの正社員就職の味方になってくれます。

Indeedは使いようです!

Indeedは万能ではありません。でもうまく使うと、エリアが絞れたり、あなたに最適化された検索結果が出たりと、非常に便利なツールになってくれるに違いありません。

就職エージェントで就職サポートを受け、就活慣れさえしてしまえば、あとはあなたの受けたい企業を、Indeedで検索しながら、自分の手で企業を探すのもいいでしょう!

ぜひIndeedもうまく活用して、希望通りの企業と出会ってください!

高学歴無職に強い就職サイト・就職エージェント3選【正社員目指す】当記事では、人材業界で長年働く管理人の立場から、フリーターの正社員就職に強い就職サイト・就職エージェントを厳選して紹介しています。...

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

高学歴既卒者・フリーター・ニートにおすすめの就職サービス3選

1:ハタラクティブ→フリーター・第二新卒に特化した就職エージェント。特化しているからこそ、正社員成功率80%超の実績があります。エージェント選びなら迷わずここ!(評判・口コミ・レビューはこちら!

2:ジェイック→ビジネストレーニングが付いている就職エージェント。厚生労働省からのお墨付き。初めて就活する&今の能力に自信がないという方にはおすすめ!(評判・口コミ・レビューはこちら!

3:リクナビNEXT→人気ナンバー1の就職サイト。「フリーターから正社員を目指す」という軸で企業を検索できるため、フリーターが最も活用しやすいサイトです。就職を意識したタイミングで登録しましょう。