フリーターコラム

フリーターと正社員の老後の生活はこれだけ違う【人生100年時代】

フリーターのままでいたら、老後の生活は正社員とどれだけ変わってくるのかな?

当記事では、上記のような悩みにお答えします。

医療技術の発展とともに、いまや人生100年時代だと言われています。65とか70歳まで働いて、そこから長い老後の生活が待っているということです。

その老後の生活、今正社員をやっておくのと、フリーターでいることと、かなり大きな差が出てきます。

今回は、両者の差について解説していきます。

人生100年時代、フリーターの老後はこうなる!

やばい!

まずダイジェストでピックアップすると、フリーターの老後はこうなります。

[box05 title="フリーターの老後"]

  • お金がないのに稼げる仕事がない
  • 年金が少ししかもらえない
  • 生活費はかかり続ける
  • 遊べなくなる
  • 良い施設に入れなくなる

[/box05]

お金がないのに稼げる仕事がない。

いまは、アルバイトでご飯を食べている人が多いとは思います。

ただ、今やってる仕事はいつまでできるのかは考えた方が良いでしょう。

 

アルバイトは、いわば、正社員が価値のある仕事に集中するためのお手伝い係です。悪い言い方をすると、正社員がやりたくない仕事を任せられるわけです。

正社員がやりたくない仕事には大きく2つあります。

・体力を使う仕事

・体力は使わないが、誰でもできて面倒臭い仕事

世の中のアルバイトは大体これらに当てはまるかと思います。

これら2つで給料を比べると、体力を使う仕事は比較的高く設定されています。飲食店のスタッフや、工事現場、期間工などの仕事がこれに当たります。

期間工に限っては、月収30万円なんてザラに超えます。

逆に体力は使わないけど、面倒臭い仕事、例えば内職なんかは、できる人が急激に増えるため、足元を見らえれてめちゃくちゃ給料は安くなります。

 

だから稼ぐためには、体力的にしんどい仕事をやらないといけないわけです。若いうちからわざわざ内職みたいなことをする人は少ないでしょう。

しかし、その体を酷使する労働集約型の仕事はいつまでできるかってことなんです。

せいぜい50〜60までが限界でしょう。

その後もフリーターは続きます。何十年も人生が残っている中で、食べていくためには大変だということがわかるかと思います。

年金が少ししかもらえない

フリーターの方であれば、毎月、国民年金を払ってるかと思います。

月16000円かそこらなので、なかなか痛い出費とは思いますが、国民の義務だから仕方ありませんよね。

中には免除している人もいるかもしれませんが、通常一人で生活していくための給料を稼いでいる人なら払ってるはず。

老後、それがいくら返ってくるかということですが、今で月に55000円くらいしかもらえません。

これ、おそらく減ると予想されています。

だって、労働生産人口が減って、高齢者増えるわけですから。

フリーターとしてハードに働けなくなって、老後月55000円しかもらえません。

どうでしょうか?生活出来るイメージありますか?

それかアルバイト先の規模によっては、プラスアルファで厚生年金に入ることもできますが、義務でもないのに月収の10%程度支払いつづけますか?

それもなかなかきつい話ですよね。

生活費はかかり続ける

当たり前ですが、生活費はかかり続けます。

特に、家賃ですね。

フリーターは住宅ローンが組めないので、ずっと賃貸。

つまり、ずっとお金払わなきゃならないわけです。

毎月毎月、家賃が固定費として消えていくのです。

ずっとフリーターだった場合、貯金も少ないでしょうから、なかなか家を借り続けるのも大変ですよ。

遊べなくなる。

優雅な老後を過ごしている高齢者を見かけますよね?

本当に楽しそうでうs。

でもあれは、数百万、数千万のお金の余裕があるからです。

まともに貯金ができていない限りは、あーはなりません。

なにせ、あの時間、働かないといけなくなるからです。

だって年金はあっても55000円。それに、食費も家賃もかかる。

その上、体を酷使する仕事ができなくなるから時給は下がる。

より長時間働かなきゃいけなくなるのですから、遊ぶ時間なんてあるはずありません。

良い施設に入れなくなる

介護施設みたいなところには入れるわけがありません。

お金がないわけですからね。

結婚して息子にお金を入れてもらうイメージがあるかもしれませんが、フリーター男子だと特に結婚の難易度が高いし、子供を育てるのはもっと大変です。

お金もなく、家族もいなければ、要介護状態になったらその時点で結構辛い生活が待っています

フリーターは、その状況に陥りやすいのです。

もちろん保険に入っていれば、要介護状態になった時にお金が支払われるケースもありますが、それは若いうちから高い保険料を支払ってきた人にだけ許される特権です。

こんな感じで、フリーターの老後について考え出せば、ネガティブな話は尽きません。

ちなみにこれが正社員だとどうなるか。

正社員として働いていると老後はこうなる

正社員

正社員の老後をまとめるとこんな感じ。

[box05 title="正社員の老後"]

  • リッチな老後
  • 持ち家の場合は家賃の支払いが終わる
  • スキルがあるから老後も稼げる
  • 施設だって入れるし、家族もいる

[/box05]

リッチな老後が待っている

定年後、仮に70まで働くとして残りの人生30年。

正社員として働き、ちゃんと保険とか銀行で貯金をしておけば、当然貯蓄はあります。

それに会社によって異なりますが、退職金がある企業もあります。

さらに、国民年金に加えて、厚生年金という厚い保険に入っているため、男性だと平均で月20万円弱もらえます。

全然生活していける金額です。

持ち家の場合、家賃の支払いは終わる

サラリーマンは社会から信用されやすいため、住宅ローンを借りることができます。

だから、家を購入することができるわけです。

持ち家の場合、住宅ローンを支払いきれば、家賃の支払いはありません。

固定資産税などは払わないといけませんが、毎月賃貸の家賃に比べると負担は小さくなることが多いです。

賃貸に住んでいる人に比べて、毎月の固定費が減るわけです。

寿命が延びて、人生が長いなら、固定費は減るに越したことありません。

固定費が減って、収入が増える。そうしてリッチな老後生活が待っています。

スキルがあれば、老後も稼げる

ちゃんとスキルがあれば、わざわざ体力や時間を売り物にする必要はありません。

長年働いた経験がそのまま価値に変わります。

いまは人脈だって売り物になる時代。

正社員として長年培った人脈すらお金に変えられるのです。

企業だって、顧問料を支払ってでも、その長年の経験を欲しがるかもしれません。

とにかく、サラリーマンを長年続け、スキルをつけた特典は老後も大きいのです。

働こうと思えば、体力なんてなくても、価値の高い仕事ができるのです。

施設にだって入れるし、家族が面倒を見てくれる

正社員で安定した収入があれば、家族だってもてるはず。

体が自由に動かなくなったとき面倒を見てくれる家族がいます。

それにもし家族がいなくったって、お金があるから施設にだって入れます。

フリーターを続けた人とは、全く違う老後生活が待っていることは明らかです。

今はフリーターが正社員になりやすい時代です。

今こそチャンス

さて、人生100年。特に老後を考えるとフリーターを続けることがなかなかヤバイことは伝わったはず。

今、まだ老後のことなんて明確にイメージできないかもしれませんが、理屈で考えればわかることです。

 

ただ、今は昔と違って挽回がきく時代です。

 

今は過去に例を見ないくらいに、フリーターは正社員になりやすい時代。

なぜかというと、生産年齢人口が減少する中で、企業は人を確保したいという気持ちが強まっているからです。

 

それにフリーター専門の就職エージェントサービスも充実しています。

 

一昔前は相手にもされなかったフリーターが、今や未経験でもポテンシャル採用してもらえる時代なのです。

 

ただし、年齢が上になればなるほど、就活は不利になります。

だからもし、動くなら今この瞬間が一番就活成功率が高いタイミングだということです。

ここで一歩動くと動かないとでは、老後も含めて人生が変わってくるでしょう。

フリーター専門の就職エージェントサービスを使いましょう

フリーターが一人で就職活動をすると、書類選考でほとんど不合格になります。

それに偶然面接まで進めたとしても、話すことがなくてコテンパンにされて不合格になる。

フリーターの就活っていうのはそんなもんです。なぜフリーターの就活が難しいかは下記の記事にまとめました。

フリーターの就職が難しい理由【人材のプロが対策と共に解説します】

だから、フリーター専門の就職エージェントサービスを使うことをお勧めします。

さて、就職エージェントはこんなことをやってくれます!

  • プロの就活アドバイザーがあなたの担当につく
  • 就活講座やビジネスマナー講座
  • フリーター正社員を受け入れる前提の企業を紹介
  • あなたの要望に合っていて、かつ合格もできそうな企業の紹介
  • 企業にあなたを推薦
  • 個別に面接対策やトレーニング

これらのサービスを全て何度受けても無料です。フリーター専門の就職エージェントの詳細は下記にまとめています。

フリーターの就活は就職エージェントを使うのが効率的でラクです

▼フリーターに強い就職サイト・就職エージェント

1:ハタラクティブ →フリーター・第二新卒に特化した就職エージェント。特化しているからこそ、正社員成功率80%超の実績があります。エージェント選びなら迷わずここ!

2:ジェイック(JAIC)ビジネストレーニングが付いている就職エージェント。厚生労働省からのお墨付き。初めて就活する&今の能力に自信がないという方にはおすすめ!

3:リクナビNEXT →人気ナンバー1の就職サイト。「フリーターから正社員を目指す」という軸で企業を検索できるため、フリーターが最も活用しやすいサイトです。就職を意識したタイミングで登録しましょう。

高学歴無職に強い就職サイト・就職エージェント3選【正社員目指す】

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

それでも私は生涯フリーターで行く!という方へ

一旦今回伝えたいことは伝えたつもりです。

しかし、それでも私はフリーター一筋だ!という方は、さらにここから読み進めてほしいです。

 

私は、別にフリーターを否定するつもりはりません。

あなたの人生、私に何を言われようが、何の関係もないわけですから。

どんな選択をしようが、もちろんあなたの自由。

私だって、元フリーターだから、わかります。

フリーターの居心地の良さ。楽さ。自由感。

正直言うと、フリーターに戻りたくなるときだってあるんです

 

だから、家族もいらない、家もいらない、精神的な自由さえあればいい!

そういう人もいるでしょう。

 

でも人生100年時代は変わりません。

だったらどうするべきなのか。

働けるうちにハードにお金を貯めておくことです。

正社員にならなくても、お金を稼ぐ方法はいくつもありますね。下記ご参考くださいませ。

就職したくないフリーターがお金を稼ぐ方法【複数の方法を紹介】

-フリーターコラム

Copyright© りすたーと , 2020 All Rights Reserved.