フリーターコラム

気づいてる?フリーター女子が社会人の男性からモテない理由はこれ!

自分がフリーターというと、男性から少し引かれる・・・。

社会人男性からモテない理由はなんだろう・・・。

当記事では上記のような悩みに男性目線でお答えします。多分男女で考え方は異なるため、なんじゃそりゃ・・・って思うこともあるでしょうけど、あくまでも男性側の意見として、ご参考ください!

フリーターの女性は、結婚相手として選ばれにくく、社会人の男性からはモテない傾向にあると言われています。

結婚したら専業主婦になってほしい男性もいるのに、なんで・・・?

と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、その考えは完全にお門違い。

そういうことじゃないのです。

というわけで今回は、なぜフリーターの女性が男性からもてないのか。その理由を3つお伝えしたいと思います。

フリーター女子が社会人男性からもてない3つの理由

フリーター女子が社会人男性からモテない理由は以下の通り。

フリーター女子がモテない理由
  1. 仕事の大変さをわかってもらえない感じがする
  2. 全力で頼られている感じがする
  3. 普通じゃないかも・・・という懸念

もう少し掘り下げてみます。

モテない理由1:仕事の大変さをわかってもらえない感じがする

わからないよ〜

まずそもそも結婚相手として選ばれにくくなる原因として、お金を稼ぐ大変さをわかってもらえないんじゃないか・・・・という心配が一つ目の理由です。

男性は社会人なると、仕事中心の生活になります。

そして仕事がうまくいった時は、誰かから褒めてほしいし、うまくいかなかった時は誰かに慰めてほしいわけです。

そうした時、やはりパートナーの女性に求めるのは、仕事に関する共感です。

フリーターのアルバイトと、社会人の仕事ではわけが違います。

仕事は簡単に辞められるわけではないし、与えられる仕事の責任感も違います。

人付き合いは複雑だし、仕事の難易度も高い。

そんな戦場にいる人の気持ちは、実際に体験しないとわからないものです。

ですから、真剣にお付き合いする女性という観点で考えると、フリーターの女性を敬遠してしまう。

これが一つ目の理由です。

モテない理由2:全力で頼られている感じがする

お金を依存する

あとそもそもフリーター女子には経済力がないというのも、社会人男性からモテない理由の一つ。

最近は共働き夫婦が増えています。

昔と違って、男性一人で家族分全ての給料を稼ぐのは難しい時代なのです。

だから、共働きで働いてほしい!って男性は現に増えています。

それに仮に専業主婦を求めている男性でも、最初から頼る気満々の女性よりも、生活力があって自立している女性のほうが、「お金の価値」をよくわかっていて、家計を任せるにあたっては安心です。

とにかく、本人にはそんな気が無かったとしても、フリーターであることで「経済力を相手に頼る気満々」に見えてしまう。そしてその結果、少し敬遠されてしまう。

これが2つ目の理由です。

モテない理由3:普通じゃないかも・・・という懸念

普通じゃない

大学に行って、就職することが多数派を占める時代ですから、フリーターの女子というのはあくまでも少数派。

「普通じゃない」「何かあるかもしれない」「自分がこれまで接してきた人たちとは違う」という懸念を抱かれがち。

そういう人がダメだと言っているわけではありません。

どうしようもない事情があって今フリーターをやっている人も中に入るでしょう。

ただ、仮にそうだとしても、相手の男性の印象としては、心のどこかで「自分とは違う世界の人」というようなイメージをもたれやすいということです。

もし結婚相手として真剣に付き合いをしていたとしても、男性側の親御さんから敬遠されるケースも少なくないでしょう。

これが3つ目の理由です。

もちろん、自分とは違う人の方が刺激があって好き!フリーター女子ウェルカム!という男性ももちろんいるでしょう。

しかし、モテるかモテないか・・・という話で考えると、そういう男性は少数派でしょうから、モテないのが通常です。

フリーター女子がモテるようになるためには?

どうすればいいの?

極端な話、現状を打破したいのであれば、就職するに越したことありません。

別に正社員でなくとも、契約社員、派遣社員であれば、問題ありません。

契約社員や派遣社員でも、十分に仕事の大変さや、お金を稼ぐことの大変さを理解することができるでしょうし、そんなに「普通じゃない・・・」なんて印象を持たれて敬遠されるなんてこともないでしょう。

いざ結婚となった時も、「無職」よりもはるかに相手の親御さんからの印象はよくなります。

それは共働き家庭になる場合でも、専業主婦になる場合でも一緒。

ちゃんと職についているというのは、相手からも、相手の親からも、一つ家庭を任せるパートナーとしての人格を持っているという安心感につながるのです。

もちろんそれでも社員としては働かずに、フリーターを続けたいという人もいるでしょう。

それは、あなたの優先順位の問題です。

もちろんフリーターという生き方を否定するつもりは一切ありません。

かくいう私もフリーターでしたし。

それは、一つの生き方です。

ただ、あなたが何を優先するかってことだけです。

でも、働く経験は必ずあなたにプラスになりますよ。

働く人の気持ちが理解できるのも一つ大きなメリットですし、働くことで人間的な成長も待っています。

それに、職場は働いている男性との出会いの宝庫ですからね。

別に一生働く必要はないわけですから、是非一つの経験として、社員になることを考えて見てはいかがでしょうか?

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

高学歴既卒者・フリーター・ニートにおすすめの就職サービス3選

1:ハタラクティブ→フリーター・第二新卒に特化した就職エージェント。特化しているからこそ、正社員成功率80%超の実績があります。エージェント選びなら迷わずここ!(評判・口コミ・レビューはこちら!

2:ジェイック→ビジネストレーニングが付いている就職エージェント。厚生労働省からのお墨付き。初めて就活する&今の能力に自信がないという方にはおすすめ!(評判・口コミ・レビューはこちら!

3:リクナビNEXT→人気ナンバー1の就職サイト。「フリーターから正社員を目指す」という軸で企業を検索できるため、フリーターが最も活用しやすいサイトです。就職を意識したタイミングで登録しましょう。