フリーターコラム

フリーターが正社員就職する時に高学歴は有利になる?

「フリーターが正社員就職する時に偏差値は影響する?高学歴だと得なの?」

当記事では、上記の疑問にお答えします。

実際に学歴は関係ないと言われている今の社会で、果たして最終学歴の偏差値は就職に関係あるのでしょうか?

また、フリーターになることで、結局高学歴はリセットされたりもするのでしょうか?

今回は、元フリーターで今人材業界にいて、企業の人事事情に精通している僕が解説していきます。

フリーターが正社員就職する時に高学歴だと有利になります。

はてな

まず断言できることは、確実に高学歴であったことは有利に働くことが多いということです。

学歴のステータスはフリーターになってもリセットされない

例えば、高学歴であるということは、難しい受験問題を突破して、受験生同士の競争に勝利したわけです。

つまり、受験勉強を頑張り、たくさんの知識をインプットし、受験時には高いアウトプットができたということですよね。

であるため、高学歴者には大きく2つの可能性があります。

・努力ができるタイプ

・頭が良いタイプ

このいずれか、あるいは両方の素質は保証されるわけです。

たとえフリーターになっても、ここの保証がリセットされることはありません。

フリーターになってリセットされるのは「新卒」であること。

高学歴であること自体はリセットされないのです。

高学歴者は「努力できる」という証明ができる

フリーターには、みんなが就活をしていた時期に就活をしていなかったという事実があります。

そのため、企業側からすると、相手がフリーターの場合は、「採用しても、本当に頑張れるのかな・・・?逃げ出さないかな?」という不安は常に持たれてしまいます

その不安を「高学歴者」は「学歴=受験勉強を頑張ったという客観的な証明」によって解消することができるのです。

頭がもともと良くて、勉強せずとも合格できたという人は本当に稀ですから、企業側からは「努力したんだろうな・・・」という印象が先行することになります。

そういう意味では高学歴のフリーターは、いちいち「私は入社後がんばれる人材です」なんてことを一生懸命アピールしなくても伝わるわけですから、有利だといえるのです。

高学歴者は「入社後も努力できる」という証明を持っている。

高学歴者は一目置かれやすい

高学歴者はその他に比べて数が少なく、特に中小企業からすると希少な存在。ポケモンで言うところのレアポケモン的な存在です。

ですから、履歴書に高学歴が書かれているだけで、「おっ●●大学だ・・・・」と一目置かれます。

ただ、こういう形で一目置かれるためには、MARCHレベルでも足りないかも。

早慶や国公立あたりから起きやすい現象です。

ただ、有利かどうかは人次第。変に面接前にハードルが上がってしまうので、逆に面接での印象が悪ければ必要以上にがっかりされてしまうことだってあります。

超高学歴者は履歴書だけで一目置かれる。ただし、会う前にハードルが上がってしまうというリスクも。

学歴を重視する会社がある

また会社には学歴を異様に重視する会社があります。

頭の良さ、問題解決力が問われる仕事だったり、学歴好きの社長の会社だったりすると、学歴が重視される傾向にあったりしますが、そういう企業には、高学歴の経歴を持っているだけで無条件で愛されるというメリットがあります。

ただ、最近は学歴を重視する会社も減ってきましたし、外からだとその会社が学歴好きかどうかなんてわかりません。

ですから、学歴重視の企業と出会えたらラッキー程度に思っておいたほうが良いかと思いますが、それでも有利ですよね。

高学歴フリーターは、学歴重視の企業と出会えると有利

自分にあった企業と出会えるかどうかが学歴よりも大事

大事なことは

結論をいうと、高学歴は「入社後しっかりと努力できます」という証明ができる武器を持っている状態だということです。

フリーターはまず「本当に頑張れるかどうか」を疑われる傾向にありますが、高学歴者はその障壁を何を言わずしてクリアできるという意味では有利だと言えます。

ただ別に学歴なんかなかったとしても、「スポーツ」や「アルバイト」など、努力して頑張れる証明ができるのであればなんだっていいのです。

また、高学歴者は「頭の良さ」や「思考力」が生きる仕事には適性が高く、面接を受けると合格しやすいかもしれません。

ただ、それは高学歴フリーターが、自分の「思考力」という強みが生きる企業と出会えばの話。

結局重要なのは、高学歴者かどうかに関わらず、自分にあった企業と出会えるかどうかです。

高学歴でなくても、「根性」があったり、「人懐っこさ」があったりと、人にはいろんな資質があります。

ましてや、あらゆる職種の中で求人数が最も多い営業職では、「頭の良さ」よりも「人懐っこさ」のほうを重視されることが多いですから、高学歴が通用しない間合いもいくらでもあります。

とにかく大事なのは、自分の強みを整理し、強みが生かせる仕事を探すこと

これにつきます。

ただ理屈ではわかっても、なかなか、自分の強みを整理して、それに合う企業を探すなんて、自分一人では難しいですよね。

自分の強みなんて、自分で主観的に考えてもなかなかわからないものですし、世の中には400万社も会社がある中で、自分にぴったりの会社を探すなんてことは狂気の沙汰。

ではどうすればいいのか。

就職エージェントを使えば、就職成功率がぐっと高まります。

難しい・・・

だいたいこんな便利な世の中、そういう困った人を見捨てたままにしているわけがありません。

世の中にはフリーターの正社員就職に特化した就職エージェントたるものが存在します。

就職エージェントは以下のようなことを無料で行えます。

・就活アドバイザーが担当につく

・就活相談や自己分析、面接対策を個別で行ってもらえる

・就活講座やビジネス研修を受けられる

・あなたにぴったり合う企業と出会わせてくれて、推薦までしてくれる

なぜ無料なんだっていう声が聞こえてきそうですが、無料の理由は企業からお金をもらっているからです。

ですから、何度相談しても、お金がかかることはありません。交通費くらいのものでしょう。

ここまで紹介すると、「もしかしてブラック企業を紹介されるんじゃ・・・?」って心配するかもしれませんが、まったくの逆です。

ブラック企業を紹介しないように、自分たちで独自の基準を設けて、離職率の高い職場や業界、社会保険が完備されていない企業を排除しているので、紹介されるのはホワイト企業なのです。

高学歴かそうでないかに関わらず、フリーターが自分一人で就活するのはそもそも大変。ですから、プロを味方につけることを検討してみてはいかがでしょうか?

フリーターの就活は就職エージェントを使うのが効率的でラクです

▼フリーターに強い就職サイト・就職エージェント

1:ハタラクティブ →フリーター・第二新卒に特化した就職エージェント。特化しているからこそ、正社員成功率80%超の実績があります。エージェント選びなら迷わずここ!

2:ジェイック(JAIC)ビジネストレーニングが付いている就職エージェント。厚生労働省からのお墨付き。初めて就活する&今の能力に自信がないという方にはおすすめ!

3:リクナビNEXT →人気ナンバー1の就職サイト。「フリーターから正社員を目指す」という軸で企業を検索できるため、フリーターが最も活用しやすいサイトです。就職を意識したタイミングで登録しましょう。

高学歴無職に強い就職サイト・就職エージェント3選【正社員目指す】

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

-フリーターコラム

Copyright© りすたーと , 2020 All Rights Reserved.