フリーターコラム

パチンカスの悲しすぎる末路【無職フリーターは要注意】

このままパチンコに依存していて大丈夫なのかな・・・このままいくと自分はどうなってしまうんだろう。

当記事では、上記の悩みにこたえます。

無職フリーターのパチンコ依存者。パチンカスと揶揄されることもあります。

僕もいまとなっては、正社員をやりながらそれなりの年収もあり、パチンコは趣味としていい付き合い方をできていますが、正社員になるまでは、私もまさにフリーターのパチンカスそのものでした。

私はギリギリで、色んな縁に恵まれて正社員として就職することができましたが、人によってはなかなかきっかけがなく、変われずに困っていることもあるでしょう。

しかし、そのままいくと大体将来の末路は決まっています。

パチンコに依存する人の行動パターンは大体一緒だからです。

これから、できればその状況を抜け出して欲しいという思いも込めて、無職パチンカスが将来的にどうなるか、その末路を伝えていきたいと思います。

無職のパチンカスが行き着く末路とは

パチンカスはどうなる?

では、「パチンカス(パチンコ依存者)」がこのままいくとどうなるのか、一つ一つ見ていきましょう。

借金がとまらない

まず、借金が止まらなくなります。

収入を得ることができる時間を、ギャンブルに使ってお金を浪費するばかりなので、当然常に収支は赤字になります。

親に借り、友達に借り、最終的には消費者金融から借金をし、それ以上先に手を出すことにもなりかねません。

 

パチンコで勝ったら借金返そう。

借りているときは、そう思っていても、

実際勝つと、なかなかお金を返す気にならないものです。

 

ギャンブルに勝った時は普段我慢していた欲求が爆発してしまいます。

だから、高級なお店に行ったり、欲しかったものを買ったりしてお金を急激に使ってしまうわけですね。

心当たりもあるのではないでしょうか。

 

残ったお金は大概、次の日の軍資金になります。

こうやってどんどん借金だけが積み重なっていくのです。

どこかでお金を返せなくなった時に、自分がやってしまったことに気づくのかもしれませんが、その時はおそらく消費者金融を渡り歩き、数百万円に借金が膨らんでいる時でしょう。

正社員との格差が大きくなる

まわりの正社員になっている人は、きっと20代のうちに色んな我慢を乗り越えることによって稼げるスキルをつけながら、給料をどんどん上げていくことでしょう。

一方で、フリーターパチンカスはスキルもつけずにどんどんお金と時間を使うだけ

フリーターは売り物が「時間」か「体力」のどちらかしかありません。

「時間」は何歳になっても売ることができますが、「体力」は若いうちしか売れません。

当然、体力を使うしんどい仕事のほうが給料は高い傾向にあるため、フリーターは体力のある若いうちが時給のピーク。

その時給がピークの若い時期をパチンコに浪費してしまうわけですから、正社員との格差は広がっていく一方です。

ブラックリスト入り

借金が止まらなくなれば、お金の返済が滞ります。

ちなみに、相当ブラックなところでない限りは、どの金融機関でお金を借りても、あなたの借金の記録や返済の記録は残されています。

そして、金融機関で3連続返済が遅れたら、ブラックリストに入ってしまいます。

そうなったら大変。

そこから5年間は社会からの信用はゼロになります。

消費者金融すらも相手にしてくれなくなるし、クレジットカードの契約もできなくなります。

もうそうなってしまったら、借金で借金を返すことができなくなり、真面目に働いてお金をかえす以外の手段がなくなります。

それでもパチンコに行ってしまうから、次は借金すら返せなくなり、滞納が続きすぎると、取り立てが来る・・・みたいなことになってしまうのです。

孤独な人生が待っている

フリーターというだけで、結婚はおろか恋人を作るのだって苦労するのに、借金だらけのフリーターで、パチンコ依存なると、いよいよひとりぼっちになることでしょう。

結婚できない!ということは、生涯孤独を意味することになります。

親がいなくなったらいよいよ一人。

あなたが病気になったとしても、誰も守ってくれまない、そんな人生です。

今、パチンコを我慢できないことが、あなたの人生に対して大きく影響するということをわかっておいたほうが良いでしょう。

地獄の老後

老後は本当に辛いでしょう。

結婚もできずに、孤独。それに、お金もありません。

お金がないから、体力が衰えながらも働き続けなければなりません。

そうなると自由もありません。

借金が返済しきれてなければ、老後も払わなければなりません。

家族もいない、お金もない、自由もない、体力もない。

そんな老後生活は、なかなかの地獄です。

フリーターだけでもやばいのに、パチンコ依存はもっとやばい!

やばい!!

生涯フリーターというだけでも結構大変なことになります。

真面目なフリーターでも、生涯年収は1億くらい。

これは正社員の生涯年収の半分以下です。

家族を養うには、2〜3億必要と言われていますから、真面目にフリーターしていても家族を持つのは難しいわけです。

それに、老後も働かなければならないケースも多い。

 

パチンコをせずに、真面目に働くフリーターをやっていてもこうなるわけです。

 

だから、フリーターである上に、パチンコ依存が相当やばいことはお分りいただけたかと思います。

通常のフリーターよりもさらに生涯年収が下がることは間違いないですし、ずっと「お金がない・・・」というストレスを感じて生きていくことになります。

 

そんな人生嫌だ!というのであれば、今すぐパチンコ依存から脱却するしかありません。

パチンカスフリーターからの脱出方法とは

パチンカスからの脱却

では、どうやって脱出するのか。

まず問題は、フリーターがパチンコをやめるのは非常に難しいということです。

なぜならば、フリーターは自由に自分の行動を選べてしまうから。

行動への束縛力がなければ、自分の行動を変えることなんてなかなかできないものです。

人は自分には甘い生き物ですから。

 

さて、冒頭にも書いたように、僕自身も、もともとは、まさにパチンカスそのものでした。

毎日パチンコに行ってはバイト代をなくし、たまに勝った時はすぐにキャバクラに遊びに行って豪遊していました(笑)

生活費がなくなって私の借金は、最大100万まで膨れ上がりました。

当時の年収が200万くらいでしたから、借金を返せるはずもありませんでした。

 

ただ、僕はそこから抜け出しました。

 

そんな僕の経験上、フリーターがパチンコ依存を抜け出すためには、2つの方法しかないと思っています。

下記にその2つの方法を記したので、今の人生がやばい・・!と思った人はぜひ読んでください。

無職フリーターがパチンコ依存から脱却する方法は2つしかないと思う 無職フリーターで、パチンコに行ってはアルバイトで稼いだお金をつぎ込み、「もう二度と行くものか!」なんて思っても、次の日になったら...

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

高学歴既卒者・フリーター・ニートにおすすめの就職サービス3選

1:ハタラクティブ→フリーター・第二新卒に特化した就職エージェント。特化しているからこそ、正社員成功率80%超の実績があります。エージェント選びなら迷わずここ!(評判・口コミ・レビューはこちら!

2:ジェイック→ビジネストレーニングが付いている就職エージェント。厚生労働省からのお墨付き。初めて就活する&今の能力に自信がないという方にはおすすめ!(評判・口コミ・レビューはこちら!

3:リクナビNEXT→人気ナンバー1の就職サイト。「フリーターから正社員を目指す」という軸で企業を検索できるため、フリーターが最も活用しやすいサイトです。就職を意識したタイミングで登録しましょう。