就活成功ノウハウ

フリーター・ニートの立場を生かした志望動機の作り方【例文付き】

[chat face="gimon.jpg" name="高学歴無職くん" align="left" border="green" bg="green"]

社会未経験のフリーターやニートが就活するとき、履歴書にどんな志望動機を書けばいいのかわからないし、面接でどんな志望動機を話せばいいのかわからない。

本当は正社員になりたいだけなんだけど・・・。

[/chat]
当記事では上記のような悩みにお答えします。

[chat face="jikky.jpg" name="ジッキー" align="left" border="none" bg="yellow"]こんにちは。元・高学歴フリーターのジッキーです。[/chat]

新卒でもなく、社会人経験者でもない、フリーターやニートという立場は就活上どうしても不利になりがちです。

だからこそ、履歴書や面接で語る「志望動機」で、ライバルと差をつけたいところです。またせっかくなら「フリーター・ニート」という立場を、逆に志望動機に生かすことができたらもっといいですよね。

というわけで、今回は、正社員への就職を叶えるために、無職ならではの志望動機の作り方を例文交えて解説していきます。

フリーター・ニートならではの志望動機の作り方とポイント

ポイント

さてこれから志望動機の作り方について解説していきますが、先にポイントをお伝えします。

  • 無職という立場を生かした志望動機を語りましょう
  • 志望動機は3つ用意しておきましょう。

まず、せっかく無職という特殊な立場にいるわけですから、逆に無職であることを生かし、フリーターやニートという立場でしか言えないことを話すと効果的です。

また、志望動機は3つ作りましょう。多面的であればあるほど、その会社でしか言えない志望動機になるからです。

[chat face="jikky.jpg" name="ジッキー" align="left" border="none" bg="yellow"]志望動機を語っても、「それってうちじゃなくても言えることじゃん」なんて思われてしまったらマイナスな印象にもなりかねません。[/chat]

例えば、「志望動機は自由な社風があることです」という志望動機は、どの会社でも言えてしまいますよね。

でも、例えば、「志望動機は、1:人材系の企業で、2:自由な社風があり、3:海外展開をしていることです」というと、まだ弱いですが、かなり企業としては絞られます。

しかし厄介なことに、志望動機が多すぎても面接官の印象には残りにくくなりますから、3つくらいがちょうど良いのです。

では、いったいどのような切り口で志望動機を考えればいいのか。就活のプロとしてオススメしたい3つの切り口をご説明します。

3つの志望動機を考えるときのオススメの切り口

考える

結論から言うと、3つの志望動機の切り口としてオススメなのは、下記の3要素です。

[box05 title="志望動機にオススメの3つの切り口"]

  1. 会社そのものに対する興味の切り口
  2. 自己成長の切り口
  3. 感情の切り口 

[/box05]

この3つの切り口で答えることで、多面的、かつ、かぶりなく面接官に志望動機をアピールすることが可能です。

ではひとつひとつ解説していきましょう。

1:会社そのものに対する興味の切り口

まずはその会社自体への興味や関心を示しましょう。

ここでいう会社そのものというものには、企業理念や、事業内容、顧客への提供価値などが含まれます。

「社員」や「社風」については、好きとか嫌いとかの感情論になりやすいので、3つ目として紹介する「感情の切り口」の部分で出したほうが無難です。

ここではできるだけ企業の活動に対しての興味共感を語ると良いでしょう。

企業への関心の示し方には2つの方向性があります。

・その企業理念や顧客への提供価値に共感している

・その会社でなら自分の力が活かせる

もちろん、どちらでも構いません。

【例文1】

志望動機のひとつ目は、中小企業の課題解決をすることを通じて日本を元気にするという理念に共感したことです。

私は自分を生まれ育ててくれた日本に恩返ししたいという気持ちがあり、日本の99%を占める中小企業を1社でも多く元気にする御社の仕事内容はまさに私がやりたいことと重なりました。

【例文2】

志望動機のひとつ目は、中小企業の課題解決という仕事に、自分の力が活かせるのではないかと考えたことです。

企業の課題解決をするためには、社長がどんなビジョンを持っているのか、どんな資源が不足していて、何をやることが必要なのかなど、情報を整理する力が求められると考えております。

私は自分の強みは情報整理力だと自負しており、自分の力を中小企業のために役立てたいと考えております。

2:自己成長の切り口

2つ目は、自分が成長できる環境だという切り口がオススメです。

そのために、下記次の二つを情報として整理しましょう。

・自分がどういう人間になりたくて、どういう成長をしたいのか。

・なぜその会社だと成長できるのか。

そして「無職」という立場を生かすならここです。例えば↓

「フリーターとしての、社会人経験がない分、遅れを取り戻したいという気持ちが強い。」

といったようなフリーターならではの話を入れることで、逆にフリーターであることがアピールになったりもします。

ぜひご自身なりに、無職としての気持ちを組み込んでみてください。きっとリアリティーがあって等身大の良い志望動機になるはずです。

【例文】

二つ目の志望動機は、とにかく若手から裁量権を持ち、頑張ろうと思えばいくらでも頑張れる成長環境があると感じたからです。

わたしは今、いわゆるフリーターという立場で、経歴もなければ、社会人の経験もなく、当然スキルもありません。

非常に遅れを取っているという自覚があり、なんとかできるだけ早く周りに追いつきたいという気持ちを強く持っているため、御社のような若くから力をつけられる成長角度の高い環境で全力で働きたいと考えております。

3:感情の切り口

3つ目は、感情面での志望動機を語るのがオススメです。つまり「好きだ」という感情を志望動機として語るということです。

1つ目、2つ目で、ロジカルに志望動機を語ることはもちろん重要ですが、結局好きだという感情をかたることが「御社じゃないとダメなんです」ということを語ることになります。

[chat face="jikky.jpg" name="ジッキー" align="left" border="none" bg="yellow"]結局、本当のこというとみんな、なんとなく好きだという感情が志望動機の多くを占めるのです。[/chat]

でもその感情を全面的に出すと、あまりに企業について考えていない印象につながってしまいますし、感情的になって入社したとしても、入社後にその熱が冷めたときにどうなるんだろうと不安がられてしまいます。

ですから、1つ目、2つ目はしっかりとロジカルに考えられた左脳的な志望動機を語り、感情論は3つ目に語るくらいがちょうどいいのです。

【例文1】※すでに社員と交流がある場合

三つ目の志望動機ですが、何より接して頂いた方々、社風が好きになりました。この会社の社員の方と純粋に一緒に働いていきたいなと感じています。

【例文2】※書類選考など、社員と交流がない場合

三つ目は、ホームページや採用情報から伝わってきた社風の雰囲気が純粋に好きだなぁと思ったことです。皆さんすごくのびのびしていてキラキラしていて、自分もこの中に入って一緒に働いてみたいなぁという気持ちになりました。

「無職から脱却したい」は志望動機としてはNG!?

まとめ

さて今回は正社員就職するために、無職でもライバルと差をつけるための志望動機の作り方を説明してきました。

ぜひ気にしていただきたいポイントは二つ。

・フリーターという立場を生かした志望動機を語りましょう

・志望動機は3つ用意しておきましょう。

そしてその志望動機の3つの切り口は、下記がオススメです。

[box05 title="志望動機にオススメの3つの切り口"]

  • 会社そのものに対する興味の切り口
  • 自己成長の切り口
  • 感情の切り口 

[/box05]

ちなみに、「無職から脱却したい」と答える方がいますが、それはその会社に入りたい理由ではなく、正社員になりたい理由です。

ですから、そもそも論点がずれていますし、「正社員になれるならどの会社でもいいのか」と面接官に思われてしまいかねません。

ですから、もし仮に「無職から脱却したい」というのが本音であったとしても、もう少しブレイクダウンしてその会社独自の志望動機になるように考えてみてください。

[chat face="jikky.jpg" name="ジッキー" align="left" border="none" bg="yellow"]まずは相手も唸らせる志望動機を作り、書類選考合格!そして、面接合格まで勝ち取ってください![/chat]

ただ、志望動機を自分一人で作り上げるのは、大変です。就活エージェントを利用すれば、就活のプロがあなたの志望動機作りまで手伝ってくれますよ。

-就活成功ノウハウ

Copyright© りすたーと , 2020 All Rights Reserved.