フリーターコラム

将来は稼ぐと夢を語るフリーターに限って貧困層に落ちやすい件

いつかは稼げるはずだ・・・!将来企業してやる・・・!将来店を持つんだ・・・・!いま就活なんかする必要がない。サラリーマンになんかなるもんか。

そんな将来の夢を語りつつ、フリーターをやっている人も多い。

断言しよう。

そういう人に限って、そのままフリーターを脱却できずに、貧困層へ落ちる。

30も半ばになった頃に、周りとのあまりの格差に気づく。

そしてなぜ自分がフリーターを脱却できないのか、その「からくり」を悟り、そして後悔するだろう。

ただ、その頃になってはもう遅い。

年齢が上がれば上がるほど、就職の難易度が一気に高まるからだ。

でも20代のうちは、「フリーターを脱却できないからくり」になかなか気づかない。

いや、気づかないのではない。

本当は薄々と感じているんだ。

将来このままではダメになることを。

ほとんどの人は、残酷な現実を直視したくないだけなんだと思う。

ではまずあなたが目を背けている現実を知ってもらおう。

フリーターが貧困層になるからくり

からくり

フリーターは貧困になる「からくり」に、まんまとハマっている。

まずそもそも前提として伝えておこう。

自分でビジネスをおこして、稼げるようになるために、最低限必要なものが3つある。

それは、「スキル・お金・時間」だ。

 

スキルがなければ人から求められることはない。

お金がなければ投資ができずに、何もできない。

時間がなければ、自分で稼ぐ準備すらできない。

 

この3つが揃わないと人は自分で稼げないんだ。

しかし、フリーターをやっていると、この3つのうちの2つは揃わない。

価値の高い「スキル」は間違いなくつかない

まずアルバイトでは、価値の高い「スキル」は、つかない。

アルバイトは、正社員が価値の高い仕事に集中できるように、その他雑務をやらされる人材だからだ。

だから、ほぼ知識も経験もなくできる仕事が割り当てられる。

そして、当然、アルバイトにかける教育コストはミニマムで計算される。

高く売れるスキルは、育成に時間がかかるから高く売れるんだ。

そんな育成に時間がかかることを、時給が発生するし、いつ辞めてもおかしくないアルバイトにさせるわけがないんだ。

お金か時間。どっちかは捨てる必要がある。

そもそもフリーターは、銀行やベンチャーキャピタルからの信用も皆無に等しい。

つまりビジネスを支援してくれる金融機関からお金を借りたり投資を期待することも難しい。

ということは、自分でお金を貯めなければならない。

しかし、フリーターの時給は安い。

地域にもよるが、通常の仕事だと時給1500円程度で相当いい方ではないだろうか。

それだと、1日8時間、週5くらいのペースで1ヶ月働きっぱなしで、やっと手元に20万円残るくらいだろう。

そこから家賃や光熱費や食費など生活していくにはだいたい10万〜15万はかかる。

さらに外食代や娯楽費が抜かれていく。

それでいて、有給休暇がもらえるケースは少ない。ボーナスもない。給料もそんなに上がらない。

はたしてお金はいつたまるというのだろう?

 

もし無理して、労働基準法も無視して、週6、7で働かせてくれるところがあれば、もっと稼げるかもしれない。

ただその生活を送ると、ほとんどの時間はアルバイトに持っていかれる。

ただ労働力を大量に安売りすることになり、稼ぐための準備の時間が取れない。

まとめるとこんなからくりだ

そもそもフリーターは、信用がなくお金は借りられない。

スキルが上がらないから、時給が上がらない。

時給が上がらないから、「お金」か「時間」のうちどちらかを犠牲にしなければならない。

つまり、スキル、時間、お金の3つは永遠に揃わない。

だから、自分で稼げるようになんてならないんだ。

 

とここまで言うと、

そんなの詭弁だ!

時給だって1日8時間よりもっと働けばいいし、寝る時間削ってでも時間を確保すればいい。

めちゃくちゃ節約すれば、もっとお金だって貯められる。

スキルは自分で本やネットで調べて、自分でスキルをつけていけばいい話だ!

全部、自分の頑張り次第だ。

・・・なんていうかもしれない。

もちろんその通り。

しかし、そもそもそれは非常にハードルが高い話だ。

言ってる本人でもわかってるはずだ。

そんなに精神力が強ければ、もはやこの記事なんて読んでいないはずなんだ。

 

それに「いつかは稼げるはず!と思ってフリーターしている人は貧困層候補」だという根拠は他にもある。

良質な人脈ができない

孤独

稼ぐためには、良質な人脈が重要だ。

もちろん中には、自分一人で稼ぐという人もいるだろう。

だけどそれは非常にまれな話だ。

今、大成功しているベンチャーの社長たちも、最初は誰かにお世話になっていることが多い。

人生を変える人と出会って、その人が一肌ぬいだりするからこそ、成功への道が開かれるんだ。

 

仮に、あなたにめちゃくちゃ可能性を感じてくれるお金持ちと出会って、その人に可愛がられたら、その人はあなたに投資してくれるかもしれない。

でも、フリーターだとスキルがないから、相手に与えられるメリットもない。

相手にメリットを与えられない人が、相手から可愛がられることなんてない。

そんなことをしてくれるのは、親くらいのもんだ。

もちろん友達はできるだろう。しかし、それは稼ぐための人脈ではない。

ぼんやりフリーターをやっていると、スキル、時間、お金の他にも人脈もできないんだ。

稼げるようになる可能性が低くなって当然だ。

まだあるぞ。

「いつか稼げる」と思ってる奴に限って、今何もしていない

なにもしない

いつか稼げる!って思う人の多くは、追い込まれなきゃやらない、全て後ろ倒しにするタイプだ。

じゃないと「いつかは・・・」、なんてこと言わないんだ。

本当に稼ぎたかったら、今すぐ稼げる方法を探して、それに対して動いているはず。

でも、おそらくこれを読んでるあなたは、いつでもこう思う。

 

「今はまだいい。将来への準備だ・・・」

 

もちろん、時に将来への準備が大事なこともある。

しかし、そんなことを言って、現実を直視できていないとも言えるんだ。

30歳になったら・・・とか35までには、、、とか、キリのいいタイミングで頑張ろうとしていないか?

 

僭越ながら、断言しよう。

 

今頑張れない奴に、キリのいいタイミングで頑張れるはずがないんだ。そのタイミングがきたら、次にキリのいいタイミングを探すに決まっている。

 

これは、あなたの人生がどういう人生になるかを決める、結構重要な判断なはずだ。

そんな重要な局面で、「きっと未来の俺は頑張れるはずだ」という、絶望的な賭けをしてしまってもいいのだろうか?

そうやって、現実から逃げ続けると、気づけば40歳、仕事に追われて年収300万。

まさに貧困層の仲間入りだ

 

ただ、その性格をそんなに悪く言うつもりはない。

その性格は、プラスに表現すれば楽観的とも言える。

だから、人から好かれやすい性格であるはずだ。

 

それにビジネス感覚もある。

なにも考えずにビジネスを起こして、大きな借金だけ抱える奴も多い。

いま、まさに稼ぐための行動をしていないのは、どこかで「自分は稼げるはずがない」ということがわかっているということだ。

それは非常に優れたビジネス感覚なのだ。

 

きっと、いい方向に回り出せば、ビジネス感覚もあって、明るくて、前向きで、部下からも慕われるだろう。

しかし、あなたのその性格が生かされるためには、一度スキルをつけて、上に立たないといけないんだ。

 

ちなみに、正社員だと「スキル・時間・お金・人脈」はどうなるか

将来への道

ちなみに正社員だとどうなるか教えておこう。

サラリーマンたちは、確かに若い頃は、時間もお金もない。

だから、時間かお金か、どちらかの自由を選べるフリーターのあなたよりもきつい状況かもしれない。

しかし、正社員には大事な仕事が任せられる。

そうすると、「スキル」がつく

「スキル」がつくと、「時給が上がる」。

それに、まとまったお金が年二回程度、基本給とは別にボーナスとして入ってくるんだ。

すると「お金は貯めやすくなる」

 

それに、スキルのある正社員は銀行からも、ベンチャーキャピタルからも信用されやすい。

投資を得ることだってできるだろう。

 

最初は有給も1年で10日しか与えられないが、有給付与日数はどんどん増えていき、7年もやってると1年で最低20日の有給が与えられる。

20日有給がもらえるということは、1ヶ月丸ごと休んでも、給料が入るってことだ。

正月もあるし、夏休みも、ゴールデンウィークもシルバーウィークもある。当然おやすみは働かなくてもお金が入ってくるんだ。(※会社にもよる)

それに、だんだん偉くなっていけば、労働集約型の業務から、意思決定型の業務に変わっていく。

すると、時間的な余裕も生まれてくる。

実は一見不自由に見えるサラリーマンだが、しばらく働いていればそのうち、「お金」と「時間」はフリーターよりも両立しやすい立場となるんだ。

 

つまり正社員の方が、時間はかかるが「スキル・お金・時間」の3つは揃いやすいんだ。

スキルが付くと人脈も寄ってくる。

あなたとWIN-WINの関係を築ける人が多くなるからだ。

 

そしてスキル・お金・時間が揃い、人脈もつけば、もうあなたが人生を選べる立場だ。

その会社でずっと働くもよし、自分で稼ぐもよし。

もう時給1500円の労働力の安売りなんて一生しなくてもよくなるんだ。

20代、30代なら間に合うから、まずは正社員になってスキルをつけるべきだ。

まだ間に合う

将来稼ぐために大事なのは、まず死に物狂いで価値の高いスキルをつけるために、今頑張ることなんだ。

そのためには、一度スキルを教わるためにプライドも捨てるべきだ。

今苦しんだことが必ず、将来あなたのスキルとしてかえってくるからだ。

スキルがついて、人にメリットを与えられる存在になれば、サラリーマンでも、個人事業でも、起業しても稼げるようになる。

物を売るスキルでもいい。

ITスキルでもいい。

工場の生産管理のスキルでもいい。

WEBマーケティングのスキルでもいい。

とにかく、誰かのメリットになるスキルをつけること。

それこそ最優先事項だ。

そして「稼げるスキル」をつけるには、正社員が圧倒的な近道だ。

だって、稼ぎながら、時間も確保しながら、会社の大事な仕事を任せてもらいながらスキルをつけることができるんだから。

仕事で失敗したって、精神的ダメージはあるかもしれないが、月給が急に減ったりはしない。

最終的な責任は上司や会社がとってくれる。

将来自分が責任を取らなきゃいけない時のための、失敗のリハーサルができるようなもんだ。

 

正社員になってるやつは、みんなそれを知っている。

だから、みんな朝、満員電車がしんどくても、飲み会がしんどくても、がむしゃらにしがみついているんだ。

正社員にはそれほどのメリットがあるんだよ。

 

みんなが就活している中で、フリーターになったあなたは、はっきりいって破天荒だ。

みんなに流されて就活している人よりもはるかに面白い人間だとおもう。

だからそういう人だからこそ、このまま潰れるのはもったいない。

今は慎重になるべきだ。

 

将来の夢ばかり語って結果、貧困層に落ちるのか、今地に足つけて頑張ってスキルをつけて、将来稼げるようになるのか。

選ぶべき道は見えてるはずだ。

 

20代、30代の人はまだ間に合う。とくに20代ならまだ待遇のいいホワイト企業へ就職できる確率も高い。

正社員就職をいまからでも目指すべきだ。

ただし、フリーターの就活は絶望的に難しい。

絶望的に難しい

とはいえ、実はフリーターが正社員就活をしても、ほぼ失敗する。

年齢的に、新卒よりも不利。スキル的に、社会人経験者よりも不利。

しかも、就活の情報はない。

だいたい転職サイトを使って応募しても、ほぼ書類選考で不合格になる。

面接すら辿り着けない。

でも、もし仮に面接にたどり着いたとしよう。

でもそこで何を話せる?

書類選考提出しまくって、やっと会えた企業との面接で、何も話せずコテンパンにされて落ちる。

フリーターの就活はこんな感じだ。

 

おいおい話が違うじゃねぇかよ!

 

って思ったかもしれない。

確かに、さっき20代〜30代ならまだ間に合うといった。

それには理由がある。

通常1人で就活をすると、本当にそういう現実が待っている。

おそらく想像もつくはずだ。

 

ただ、実はこういうやり方がある。

就活のプロがあなたの味方について、研修や講座を通じて就活生として必要な情報を叩き込み、あなたの要望にあっていて、かつあなたが合格できる企業にあなたを推薦し、書類選考をパスし、面接対策まで行ってくれるフリーター専門の就職エージェントを使うというやり方だ。

就職エージェントのメリットだけでなくデメリットも下記記事にまとめたので見て欲しい。

フリーターの就活は就職エージェントを使うのが効率的でラクです

さいごに

さいごに

かくいう私も、「将来稼げるから大丈夫だ」と思って、フリーターになったタイプだ。

フリーターという立場は楽しかった。

そして楽だった。

だけど、自分が稼げるようになるためには、あまりにも遠回りなことに、だんだんと気づくことになった。

そして、途中で私は、偶然就職エージェントと出会い、運良く正社員になることができた。

だからこそ言える。

正社員の今こそ自由だ。

スキルが付く、時給が高くなる、休みが会社に保証されている。それに仕事を通じて良い人脈とも出会える。

だからこそ、家族との時間や、趣味の時間、自分の将来のための投資に時間を使えるんだ。

それに今時、フレックスの勤務体系を取る企業も増えている。しかも副業も許可される流れがきている。

もはや正社員でありながら、より自由になりやすい時代なんだ。

フリーターであることは否定しない。

どんな人生を歩むも、あなた次第だ。

だけど、将来稼ぎたい・・・!何て思って何も動けていないのなら、私は全力で正社員になることを勧める。

僕のフリーターから正社員就職成功の体験談はこちらからご覧いただけます。

-フリーターコラム

Copyright© りすたーと , 2020 All Rights Reserved.