就活体験談

京大を出て、フリーターになった高学歴男の人生失敗談

今回は、京都大学を出て、なぜかフリーターになった高学歴男「Nさん」の失敗談を紹介します。

就職時のスペックは以下の通り。

フリーターNさん

  • 京都大学・経済学部出身
  • 30歳(就職時)
  • スポーツ万能
  • イケメンで人気者
  • あがり症

Nさんは、高校時代から勉強ができて、現役で京都大学・経済学部に入学。見た目・容姿も非常にイケメン。運動もできる彼は、あらゆるサークルから引っ張りだこ。笑いのセンスもあって、話すと面白いという超ハイスペック。

京都大学の近くには女子大がたくさんあって、女の子にはモテモテ。各大学のマドンナとそれぞれ一回ずつくらいは付き合ったのだといいます。

今回はそんな誰もがうらやむ超ハイスペックのNさんがなぜフリーターになったのか、そしてどう失敗したのか紹介します。

高学歴超ハイスペック男子の就活失敗談

高学歴超ハイスペック男子の就活失敗談

まずは大学の就活の時の話から進めていきます。

彼の唯一の欠点

勉強も、スポーツも、笑いもできる彼には、唯一ともいえる欠点がありました。

それは「あがり症」

人前で話したり、追い詰められると、足や手が震えて頭が真っ白になるのです。

ジッキー
実は、あがり症は、こういうハイスペックの人に出やすいのです。

なぜなら、あまりにパーフェクトすぎて、失敗に慣れていないからですね。

普段はめちゃくちゃかっこいい彼だが、緊張すると本当にかっこ悪くなります。

声は震えて、何を言っているかわからない。

緊張するとイケメンの顔はガチガチに固まり、「おいおいこれマジで大丈夫か・・・?」と周囲に心配されるレベル。

さて、就活で彼に何が起きたか想像はついたでしょうか。

就活、特に面接はあがり症の彼にとって天敵だったのです。

面接で3社受けて全て不合格。そしてトラウマへ

超ハイスペックの彼が就活で狙う企業も、超ハイスペックでした。

誰もが聞いたことあるテレビ局、広告代理店の選考を3社受けたそうです

結果は、面接でガチガチに緊張して、何も話せずコテンパンに

イケメンで高学歴というハイスペックであるがゆえに、期待されるハードルが上がってしまうため、ギャップが大きいと必要以上に低評価になってしまいます。

ジッキー
イケメンも損をすることはあるんですね。

そして、高校受験、大学受験も成功し、アルバイトの面接は顔パスしてきたNさんは、人生で初めて「不合格」という屈辱的なレッテルを叩きつけられたわけです。

プライドが粉々に崩れ去り、面接が完全にトラウマになってしまったのです

その後の就活は完全に負け戦。そしてフリーターへ。

面接がトラウマになってしまった彼は、前にも増して面接で緊張するようになってしまいます

緊張しすぎて、何も話せず、一次選考すら受かりません。京都大学を出ていても、アウトプットがゼロだと合格のさせようがないのです。

普段通りの力さえ出せば、きっとどの企業でも受かる実力はあるのに。

そうして、不合格を重ねていくうちに、彼は「企業から拒絶されること」を拒絶するようになったのです。

つまり、就活をやめました

民間企業は諦めて、公務員の道を目指して、そのままフリーターになったのです。

高学歴超ハイスペックフリーター男の公務員試験の失敗談

高学歴超ハイスペックフリーター男の公務員試験の失敗談

そうして、彼は公務員を目指すわけです。でも・・・全くうまくいきませんでした。

勉強が手につかず、負の無限ループへ

彼は公務員試験を受けることにして、勉強を始めました。

ただ、就職して内定を獲得した京都大学出身の友達たちは、大手一流企業に勤めている状況。

Nさんは友人と自分の生活を比べると、気が滅入って、勉強が手につかなかったそうです。

それに、大学を卒業しましたから、アルバイトでお金を稼がなければならない。アルバイトで疲れてヘトヘト。そんな中から勉強。相当強い意志がないと、難しいものです。

そして、Nさんは別に公務員の仕事をしたいと思って、公務員の勉強を始めたわけではありません。

就活が苦手だから、仕方なしに選んだ道。

ですから、意志を強く持って勉強はできなかったのです。

そして、本来、公務員試験に合格できる能力を持っているNさんは公務員試験にも落ちてしまうのです。

アルバイトでヘトヘト。勉強が手につかない。アルバイトでヘトヘト・・・。

この負のループが始まったのです。

そして彼は、次の年も、その次の年も、同じ試験に不合格になってしまいます

アルバイトリーダーとしてのやりがい。

フリーターになって4年が経つ頃、Nさんは飲食店のアルバイトを長く続けていたため、そっちの方が徐々に板についてきました。

それなりにやりがいも感じていたそう。

基本的に学生ばかりのアルバイトでは、彼の立場はトップ・オブ・ザ・トップ。

仕事ができて、歳も上で、頭も顔もよく、神と崇められる存在それに、スペックはイケメンの高学歴出身です

学生のアルバイト達からは、モテました。そして、アルバイト先で彼女もできました。

気づけば、1日の大半をアルバイトをして過ごすようになっていたのです。

この頃になると、もう公務員試験のことなんて忘れていたとのこと

就活に失敗し、公務員試験に失敗し、完全に崩壊した彼のプライドは、アルバイトリーダーとして復活しつつあったのです

高学歴超ハイスペック男子の恋愛の失敗談

高学歴超ハイスペック男子の恋愛の失敗談

学生の女性からはモテる対象でした。

楽しい彼女とラブラブ人生

アルバイトリーダーとして彼はモテました。

学生よりはお金もあるフリーター。大人としての余裕もあるし、仕事はできる

しかし、29歳を迎えた時、彼は彼女にふられます。

そして、めちゃめちゃかわいい彼女をゲット。

結婚する予定とかまで話し合ってたのに。。

人生で初めてフられる経験。しかも年下に。

あれだけラブラブだったのに。たくさんの思い出を一緒に作ったのに。

結婚する予定とかまで話し合ってたのに。。。

彼女から別れの理由ははっきりと言われませんでしたが、Nさんは悟りました。

「俺がフリーターだからだ・・・」

そして、それがNさんにとって、生まれて初めて「彼女」という存在にフられる経験でした。

プライドはズタボロ。泣きに泣いたそうです。でも時はもう元には戻りません。

高学歴超ハイスペック男子の就活アゲイン

高学歴超ハイスペック男子の就活アゲイン

そうしてまた就活を始めることになるのです。しかしそこで、また厳しい現実を知ることになります。

面接すら設定してもらえないフリーターの就活

彼女にフられてあまりに悔しかった彼は、我に返りました。

俺は一体何をやってたんだ。京都大学も出て、親に期待だけさせて、たった数社受けただけで就活で心が折れて、そのあと公務員試験も落ちて。
このままずっと負けっぱなしの人生になるわけにはいかない!
大手じゃなくてもいい、中小企業でもいいからとにかく社会人になろう・・・!」

そう考え一念発起。プライドを捨て、就活をすることに決めました

ただし、もう新卒のナビサイトは使えません。

だからまずは、転職サイトに登録して、とにかく興味のある企業を探し、20社くらい応募したようです。

ところが、全て書類選考で不合格

この時、彼は、「なぜ自分は新卒の時に頑張らなかったんだ」と、後悔したそうです

新卒の大学生の時は、自分がハイスペックだったため、どれだけ大手人気有名企業でも、書類選考で切られることはなく、面接までは上がれたのですから。

でもそれが今となっては門前払い。エリートだった過去の姿は見る影もありません。

そこで彼は友人に相談することにしました。

友人に救われた就活

その友人は、この7年で、大活躍したらしく、とあるIT企業の役員になっていました。

ついこないだまで一緒に安い居酒屋で飲んでいたのに・・・。

きているスーツ、時計、靴、持っているもの、まとっているオーラ、全てで劣等感を感じたけど、もうそんなことを言っている場合ではありません。

自分の状況を話し、友人に意見を求めました。

するとその友人は言いました。

うちくる?ただし、スキルないから新卒扱いだけど。

役員の彼は、採用の権限がありました

30才近い自分が新卒扱いであることに対しては、何の問題も感じませんでした。

もうここで働いたら、俺はこいつに一生頭上がらないな・・・。」とは思いつつ、でも、もうそんなことも言ってられません。

「お願いします!」

彼は友人に頭を下げました。

そして友人は、仲良かった頃に感じていたNさんの才能が発揮できる部署に配属させました

そして彼はやっと正社員になれたのです。

入社した時、彼は30歳になっていました。

京都大学を出たことを考えると、30歳で中小企業の新卒扱いは大失敗と言えるでしょう

ジッキー
もちろんこれからどうするかが全てですが。

フリーターから正社員になれた彼はラッキーだった

フリーターから正社員になれた彼はラッキーだった

京都大学まで出て、正社員になるのにこれほど苦労する人もいるのです。

ただ、Nさんはそれでもラッキーでした。

友人がいなければ、おそらくまた路頭に迷っていたはずです。

フリーターは自分一人で就活をすると、書類選考で落ちまくります。知り合いでもなければ、面接すらできないって人も多い

だから、もし同じ環境にあなたがいるのであれば、まずはあなたの力になってくれる友人をあたるのがいいでしょう

あなたがいかに素晴らしい自己PRをしようとも、「友人があなたを人事に紹介する口コミアピール」には絶対に勝てません

ジッキー
口コミはそれだけ人から信用してもらいやすいのです。

ただし、そんな相談ができる友人がいないというケースもあるでしょう

それでも、絶望する必要はありません。

方法はあるのです。

プロを味方につけるっていう方法。

具体的に言うと、フリーター専門の就職エージェントを使うという手段です。

フリーター専門の就職エージェントは、登録するとこんなサービスを受けることができます。

  • 就活アドバイザーが担当になってあなたの就活をサポートしてくれる
  • フリーターを採用したいホワイト企業を紹介してくれる
  • あなたの要望を聞いて、それが叶う企業を探してくれる
  • 書類選考をパスしてくれる
  • 個社面接対策を行ってくれる

ここまでやってくれるから、フリーターは面接に進むことができるし、正社員になることができるのです。

フリーターの就活方法の王道は、自分で転職サイトを使って、たまたま会ってくれる奇跡の企業を見つけるというやり方ではありません。

友人を頼ったり、フリーター専門の就職エージェントを使う就活こそがフリーター就活の王道です

ちなみにどれだけ使っても、就職エージェントは無料で利用できます。企業から協賛金をもらって企業運営しているからですね。

就職エージェントを使う就活がいかに効率的で楽かは下記に解説しています。

関連記事
フリーターの就活が9割失敗する理由4つ【就職エージェントで即解決】

▼フリーターに強い就職サイト・就職エージェント

人気記事
フリーターに強い就職サイト・就職エージェント5選【プロがおすすめ】

-就活体験談

Copyright© りすたーと , 2020 All Rights Reserved.