就活成功ノウハウ

私服OKは何を着るべき?女性フリーター就活生のオススメ&ダメコーデ

就活中、面接は私服OKだと言われて、フリーター女子としてはどんな服を着ればいいのだろう・・・

当記事では、上記のようなお悩みにお答えします。

ただでさえ、フリーターということで就活不利と言われている中、せめて見た目での減点は防ぎたいところ。

私服OKとは、「私服を着てきなさい」ということなのか、「私服でもいいよ」というニュアンスなのか。

もういっそのこと、私服OKなんて書かないでくれーーー・・・!というのが、本音ですよね。

さて今回はそんな悩めるフリーター女子のために「私服OK」と言われた時のオススメコーデをご紹介します!

「私服OK」が強調されていなければリクルートスーツが無難

リクルートスーツが無難です!

「私服OK」にも実は色々なニュアンスがあります。

「私服で是非来てください!」「できるだけ私服で来てください」くらいのニュアンスで書かれている場合は、企業側になんらかの意図があるため、「私服」で行ったほうがいいでしょう。

 

一方で、「私服可」「私服でもかまいません」程度のニュアンスであれば、リクルートスーツが無難です。

場にふさわしい服装をしてくるかどうかを見られるのです。フリーターという少し就活上難しい立場にいるからこそ、減点されないことが大事であることを肝に免じておきましょう。

どっちかわからない・・・・という微妙なニュアンスの時も、リクルートスーツで行きましょう

さて、というわけでここからは、前者の「私服で是非きてください!」というニュアンスの場合にどんな服装がいいのか、という解説となります!

「私服OK!」の裏にある面接官の意図は?

意図

私服OK!とはいえ、普段着ているものをそのまま着ていけば良いというわけではありません。

場に合わせた常識的な格好をしておく必要があります。

相手のニーズを考えたアウトプットを行うのはビジネスの基本中の基本。

社会人になっても相手や状況に合わせた服装を考える力は求められます。

面接官は「私服OK」にすることで、「あなた自身が面接という場にあった服装をしようということを考えられたかどうか」という点を見極めようとしていると考えておきましょう。

私服選びの時点から面接はスタートしているということです。面接の場にふさわしくない格好をしていった場合には、それだけで減点対象になりかねませんので、注意しておきましょう!

では、面接官が見極めたいものを踏まえた上で、とにかくこれを着ておけば大丈夫!という鉄板オススメコーデをご紹介します。

これを着れば大丈夫!フリーター女子が私服で面接を受ける際のオススメコーデ3選

オススメコーデ

スタイリッシュで大人っぽいコンサバスタイル

コンサバスタイルは、カジュアルの中でもフォーマルより。私服OKということであれば、どこに着ていっても、相手に悪い印象を与えることはないでしょう。私服で面接を受ける時にコーディネートに迷ったときにはおすすめです!

オススメコーデ

・ジャケット(ネイビー)

・カットソーorブラウス(白)

・パンツ(グレー)

・パンプス(ネイビー系かグレー系)

あるいは、色を逆転させて、ジャケットがグレーでパンツがネイビーでも綺麗でスタイリッシュです。

色使いはその他様々考えられますが、就活生であることを考えると、できるだけ王道のものにしておくと良いでしょう。

女性っぽさを出すスカートスタイル

スカートスタイルは女性らしさをアピールすることができます。露出が高くなりすぎないように注意しましょう。

タイトスカートやフレアスカート。

長さはひざが隠れるかあるいは、少し見えるぐらいの長さのものを選ぶと良いでしょう。

短すぎるスカートはもちろんNGですが、あまりに長すぎても華美な印象になりすぎてしまうので注意。程々の長さを選ぶようにしましょう。

オススメコーデ

・ジャケット(ベージュなど薄い色)

・カットソーorブラウス(白)

・スカート(ネイビー)

・パンプス(ネイビー)

上半身はパンツスタイルと同様にブラウスが適していますが、綺麗目のニットでも問題ないですよ。

綺麗なワンピースも女性っぽくてGOOD

綺麗めのシャツワンピースも、女性らしさをアピールできるので鉄板。

ただし、ダボっとした印象のものではなく、腰の部分がキュッとしまっているタイプのものにしましょう。

腰にベルトが付いているものも大人っぽくなるので、オススメですよ。

無地やシンプルな柄のものを選ぶようにしましょう。

こんなフリーター女子は嫌だ!面接NGコーデ

NG

私服でOKだからといって面接にふさわしくないコーディネートをしてしまうと、それだけで印象が悪くなってしまうことも十分に考えられます。

第一印象は55%くらいの印象を形作るとも言われているため、一度ついた悪印象はなかなか覆せません。

知らず知らずのうちに面接官ウケしない服装になっている可能性もあるので、印象が良いコーデだけでなく、NGコーデもしっかりと抑えておくようにしましょう。

露出度高めコーデ

まずNGコーデに挙げられるのが、上下ともに露出が高いものです。

ミニスカートやホットパンツは当然のこととして、上半身の露出にも気を使わなければなりません。

胸元が見えたりするだけでなく、あまりにも肩が露出をしているというのは就活の上では悪印象となってしまいます。

たとえ相手が男性でも同じ。個人の好みと採用は別です。仮に一個人として相手を魅了することができたても、採用から遠ざかってしまっては元も子もありません。

露出の高いコーディネートは女性ウケも、男性ウケもしないと考え、慎むようにしましょう。

ラフすぎるデニムコーデ

次にあまりにラフ過ぎる組み合わせ(例えばデニムなど)も常識がないと判断されやすくNGとなりやすいです。

デニムは、作業着という印象が強く、ラフ過ぎる印象につながりかねませんので、避けたほうが無難です。

ケミカルジーンズやダメージ加工のものはいうまでもなくNGです!

派手すぎコーデ

最後に、派手なコーデもNG

上下ともに派手な色柄だったり、高価なアクセサリーや時計を身に着けていくと、華美な印象が強くなってしまい、謙虚な印象が消え、「キツイ女性」というイメージにもつながってしまいます。

時計はシンプルなものをつけ、ヘアアクセは必要最低限に!その他指輪やブレスレット、ピアスはできるだけ面接には外していくようにしましょう。ネックレスも隠せない場合は避けたほうが無難でしょう。

ところで、こんな毎回就職活動の情報を自分一人で集めるのは大変ではないでしょうか?就職エージェントを使っていれば、ワンストップで何から何まで就活プロから無料で情報提供を受けることができますよ。

高学歴無職に強い就職サイト・就職エージェント3選【正社員目指す】

-就活成功ノウハウ

Copyright© りすたーと , 2020 All Rights Reserved.